柏強化委員会

流れなんて自分たちでつくるんだよ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

これほどまでに…

内容が悪くても今は勝利が欲しい。
内容が悪くてもドローでもいいから勝ち点が欲しい。
しかしながらどちらも果たせず。

昨年までの技術や体力、そして自信も失った。

これほどまでになるとはだれが思ったものだろう。

サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村



日立台はいつも通り笑いを誘うスタートで始まった。
ゴール裏の巧みな技は新潟サポの心もフォームアップさせてしまったようだった。

悪くない立ち上がり。
確かに崩されたわけではなかったが、最初のセットプレーでいきなり失点とは言葉もない。
しかし、いつものことと割り切れば「この1点だけで絶対止めておく」ということが重要なのは言うまでもないしそのようにゲームは進んでいった。

だんだん新潟ゴールに迫りかけてきていい感じになっていたが終了間際にマルシオのシュートが祐三に当たってコースが変わり菅野が飛びつくもわずかに届かずボールは無情にもポストの内側にはねてゴールに吸い込まれてしまった。


「運が悪い」
試合後監督がそう言い訳するのが目に見えてきそうな展開だったが、まさかホントにそう言うとは思わなかった。全くのんきなお方だ。
オウンゴールはその前のファールを犯してしか止められなかったところに原因があるし、2点目も簡単にフリーと状況を作らせてしまった所に原因がある。
つまりは練習で守備のところは本当におさわり程度でしか行っていないツケがいまどんどん出ているということなのだろう。積み重ねたことは実践できるけれどやっていないことはどうにもできない。

新潟の鈴木監督が攻撃のメリハリと守備の連動性ができて来ている手ごたえがあるような話をしていた。きっと普段の練習でもそう言うコンセプトのもとにトレーニングを積んでいることだろう。羨ましい限りだ。新潟は昨年はあまりふるわなかったが一昨年も一けた順位で今年はこの活躍。シーズン前の補強も積極的に行ったが人数はそう多いわけではない。どこかのチームと真逆であることは間違いない。

守備のトレーニングをどれだけ積んでいるのか?
私がこの2か月で数回練習見学に行った時に見た感じでは正直ほとんどやっていない。
最初に見た時は守備陣と攻撃陣を完全に別コートに分離し別々の練習をしていた。
あれでは攻撃陣が守備にもどったり守備陣が攻撃参加する「連動性」は生まれるわけがないと思った。だって一緒にやらなければそう言うものの「イメージの共有」(監督が練習中によく発していた言葉)は不可能ですよね。

とにかく4分の1コート(広報がよくハーフコートの8対8とか言ってるのはハーフではなく4分の1のコートでのゲーム→間違っている)でのミニゲームを日々やって木曜日に紅白戦を短時間、申し訳程度にクロスへの対応を少しやる程度。

たとえばCKやFKに対する守備練習をみっちりやってるとかは聞かないし自分が見に行った時はやってはいない。
CKやFKを跳ね返してカウンターに出ていく練習とかも見たことはない。
そういうのって得点パターンとして確立していくべきではないのかな?
弱いチームとして現状認識した試合をしていかないといけないと思うのだけれど。

弱いチームが先に失点しては強いチームには勝てないのは当たり前。
なのにどうして先に失点するような試合運びしかできないのか。
選手たちに自信を与え送り出す仕事ができていないからこういう結果になっているわけなんだけど、今頃になって監督の椅子から微動だにしないようなコメントにも嫌悪感を持つ次第です。



毎試合2点3点4点と取られてはサッカーになりません。
確かに監督を変えても試合に出るのは選手です。
選手の意識も大きく変えなければ勝つことは本当に困難なことでしょう。
磐田のように自分からミスしてこちらにチャンスを与えてくれるチームが他にあるのでしょうか?
磐田自身も次当たるときには別のチームになっているかもしれません。
柏が勝てるチームなんてほとんどないんです。

1対1で勝てないなら2対1の局面を素早く作る。
体を張ってシュートを枠に蹴らせない。
相手よりも一歩でも多く走り切る。

プレスとかなんとか、戦術とかの前にこの3年間私たちが目にしてきた柏のストロングポイントは、特に守備面の良さは見るも無残に、これほどまでに崩壊してしまいました。
そのことが本当に残念です。
負けることを許さない、と言うことではないのです。
戦い尽くして負けたなら納得できるし次につながります。
しかし今はそうと言い切れないんです。
見ての通りですから。







目の前にぶら下がる大きな腫物はいつになったら切除されるのでしょうか?
体内の奥深くに進入してくる前に切ってしまわないと手が尽くせなくなってしまいます。
どんなに補強しても確信を得ることはできないでしょう。戦い方を知らない、修正が全くできない指揮官のもとで私たちに何を信じろと言うのでしょうか?


この日の試合は新潟がシンプルにボールを動かし、テクニックのある外国人と連携して攻撃し守るという「チームがやりたいサッカー」をすればするほど、柏の個人だよりの中央突破(→シュート打てずカウンター食う)が無力に見えてしまうなんて言うか…時間が進めば進むほど苦しみが増えてしまうさまをホームゲームのたびに見せられてしまう。
池谷氏、早野氏の時以上の嫌悪感を抱いてしまうのは私だけなのでしょうか。
自分で言うのもなんだけど、結構何事にもポジティブな私でも今期に関しては材料がなさすぎる、今後必ず今のままで浮上していけると断言できる材料が何もないところが残念で苦しくてなりません。


すべてが好転するとは限らないけれど、腫物を抱えたまま走っても何も変わりません。
腫物が大きくなって破裂する前に…


1日でも早く…



カッコ悪くても、泥臭くても何でもいいから「執念深く」戦ってほしい。
勝利が先々には内容も良くしていくんです。
とにかく失点しないようにカッコ悪くても何でも自分たちが点を取れなくても、一度完封しなくては。
(5月の山形戦は度外視)
J1で年間60失点もしたらどうなるかはわかりますよね。



選手たちよ、頑張ってくれ。

少し横にいた女性が柏の選手がボールを奪うと「ファイト~、がんばって!」と何度も叫んでいたのが印象的な夜でした。
とても通る声で素晴らしかったです。

私も、もうそれしか言えないし言わないよ。




頑張ってくれ!



残り半分、プラス1。

「君たち」とともに闘いたい。







ではまた。


| 柏レイソル | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://katsu.blog2.fc2.com/tb.php/986-aa41fc9b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。