柏強化委員会

流れなんて自分たちでつくるんだよ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いつか見た光景?


昨日は心を痛めた方がたくさんいらしたことでしょう。
私もそんな中の一人です。
おもいっきり飛ばした紙吹雪でテンションも上がりました。

が、その後は変わりなくいつか見た光景が繰り広げられました。

サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村



練習を見に行ったとき懸念していたことは何度か書きました。
いい方向に傾きかけたナビスコの予選はもはや無かったことにされてしまったようですね。
私は京都遠征には行けませんでしたが知人の話やいろんなブログなどでパスもつながっていい形ができていたという話は聞いていました。
でも基本的に自分の目で見ないと本当に良くなっていたのか信用できない偏屈者でございますので昨日はそう言う部分でも楽しみにしておりました。

ふたを開けてみると2時間前に配信されるスタメン、サブのなかに山ちゃんの姿はありませんでした。
形上は4-2-3-1にも見えるメンバー構成でしたが予想通りの4トップ。中盤はボラの二人がサイドのスペースのケアに駆り出され大きな空間が存在していました。
クリアしても相手に容易に拾われ自由自在に展開されてしまいます。
放り込んでも高さでかなわないのでクリアされこれもまた相手の中盤に容易に拾われ自由自在に展開されてしまいました。
ボールを奪いに行こうにも中盤に人がいないのでアタックに行けません。
またサイドに追い込んだように見えても寄せが甘いのですかされて中央や逆サイドに容易に展開されました。

相手は容易に試合を運び得点を重ねていたんです。


「運が悪かった…」


本当にそう思っているのならとんでもない話ですね。



サッカーはシステム論だけで勝てるわけでもないですが、戦っている選手を生かせるフォメもあるはずだと思います。
前線にいたずらにアタッカーを並べて中盤の人数が減りバックラインは簡単にはオーバーラップできません。


               FW            FW
    FW                                   FW










              ボラ            ボラ

    SB        DF             DF          SB


                     GK




こんな感じでどうやって「中盤のスペースを潰せ」というのでしょうか?


また極端な場面では、


               FW            FW
        FW                           FW
SB                                           SB









              

  ボラ          DF             DF         ボラ


                     GK


柏には中盤の選手がいないのでしょうか?
そんなことはありませんよね。

いつも見に行くたびに前線の選手が裏ばかり狙って手を上げますがそこに向かってロングボールを放り込むだけのサッカーでポゼッションなど?な状況です。
中盤での受け手がいないためグラウンダーでのパス交換はあまりありませんでした。
これも今季よく見かける風景です。単純に中盤が弱いチームであることは一昨年、昨年からわかっていたはずなのにアルセウやアレックスを放出し的確は補強も無かったことに踏まえてさらに中盤がなくなるサッカーで「つないで攻めるアクションサッカー」とか言われても監督が言っていることと選手たちがピッチで行っていることが合致していません。
練習で狭い地域でのパス回しが多いのも逆の意味で作用していて相手に奪われることも多数ありました。

一番の差を感じたのは、各チームパスが数十本つながるのに対し柏の現状は数本で奪われることがたいへん多いです。
これは練習で培ったものが実践とリンクしていない証明になってしまっています。
というか練習メニューが試合のためのものになっていないと言えるのではないでしょうか。




大谷やキタジのコメントに込められた意味は一体何だろうと勝手に解釈しますと、やるのは選手だから言い訳できないと自らを追い込んでいるようにさえ感じます。
私のように監督のやり方、練習からメンバー選び采配まで疑心暗鬼に思う人にそうじゃない選手の責任だと言っているかのようにも聞こえます。
監督は選手の精神的不安や苦しみを一緒に解決するような気持でいるのかなと疑問は尽きません。



現在最多失点のチームにあって、まだ攻撃オンリーの姿勢を崩そうとしない態度に辟易します。
強いチームは攻撃のトレーニングももちろんですがそのためにボールを奪う守備のトレーニングも欠かさないと思います。
セットプレーのカウンターも有効な得点方法です。
そんなプレーでゴールを奪ったシーンが今季あったかなと。
素晴らしいゴールもあったけれどもったいない失点が倍あってはサッカーの試合は勝てません。
改善すべき最重要項目を放棄されては勝負は成り立ちません。

やる気満々の決意表明、見せましたね(苦笑)。
確かに私は「考えを明らかにしろ」と以前書きました。
しかし「自分のすべきこと」がしっかりできない中で精神論だけを述べられても全面的に信用できるかどうかはもはや難しいのが正直なところです。
現体制では立て直すのは難しいでしょうね。


監督交代のタイミングも逸してしまいこのままなし崩し的に続けていくのでしょうか?
どんな大型補強があっても(なさそうだけど)タクトを揮う人が毎試合ぶれて考え方がバランバランになっていては選手がピッチでハーモニーを奏でることは困難です。


何度も言ったことですが、この現状を打開するには我々は選手にだけには前向きな声援を送り続けること、昨日も斜め前に選手を「バカ」だの「ボケ」だの「ふざけんなゴラ」だの言ってるニグロのおやじがいたんで(特にムラとキタジが標的になっていた)うしろから聞こえるように「そこの野次ってる奴うるせーよ!」「じゃあおまえが出ろ!」と言ってしまいましたよ。聞こえてたかどうかは不明ですが(爆)。すみません空気を悪くしていたらお詫びします。。。
でもねああいうの試合中に関しては絶対に許せないんですよね。
終わってブーイングしたい奴は別にすればいいけど、そんなんでいいことないのはわかってるはずなんだから。
試合中に柏の選手を野次るのは本当に馬鹿げた行為だと思います。

選手たちはもうピッチに入ったら修正できない監督の指示など受け流して自分たちで試合を作るしかありません。
中盤のスペースが埋まらないなら誰かがそこに行くしかないんです。
でも「誰か」でなく「俺が」でなければなりません。
うまくいかないなら自分の場所を捨ててでもね。


下に落ちたくないのならまずは全員で守備、絶対に点をやらないことから始めるべきです。



新監督のこと私なりに誰かいい人いないかと考えています。
この状況で引き受けてくれる人いるのだろうか、そんな疑問もあります。
でも変えないでグダグダが続くなら変わるリスクがあってもこれ以上悪くなりようはないと思います。
明るいキャラクターで選手たちをグイグイ引っ張ってくれる人。
また細部までしっかりとした決まりごとを選手たちに埋め込んでくれる人。
試合中のプレーとリンクするような練習を行ってくれる人。
今すぐ来てくれるそんなタイプの適任者、探しています。ていうか募集します(爆)。


憂鬱な週末から脱するため、私は選手たちは非難しませんしこれからもピッチに立った選手を応援します。
選手たちは選手同士でしっかりと結束し自分たちの判断で試合を作っていきましょう。


頑張るって言うか、やるしかない!




やるんだよ!

やっていこう!







ではまた。








         

| 柏レイソル | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://katsu.blog2.fc2.com/tb.php/977-e6012e7c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。