柏強化委員会

流れなんて自分たちでつくるんだよ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

形のない姿

DSCN2227.jpg
雨が降っておりました。
思った以上に寒い国立競技場に行ってきました。
残念な結果に割り切れない気がしました。
何かが引っかかる、そんな敗戦でしたね。

サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村



DSCN2228.jpg
やる気まんまんですよ!

DSCN2229.jpg
相手もものすごい数大挙してやってきましたね。

試合は結果がすべてです。
勝った方が強い、それだけです。

前半の早い時間帯にセットプレーから先制を許してしまいます。
リスタートでの失点はものすごくいたいです。
今の柏に前半の失点ほど重荷になるものはありません。

でも男の意地を見せつけられてはこちらもあきらめるわけにはいきませんよね!

祐三が粘りの突破で右サイドを抉ります。
早いクロスを上げたそこ、ニアに飛び込んだのはキタジでした。
まさに「ニアジ」の真骨頂!
素晴らしいゴールで同点に追いつきます。

その少し後左からのFKでファーで折り返したところにイシがフリーでダイレクトボレー!
これが見事に逆サイドのネットを揺らします。
早くも逆転し前半を終了。
雨の中、病み上がりでも来てよかったと思いました。

後半は浦和も積極的な攻めできましたが見ていて危ない場面もかなりあったけれどやられる気は正直しませんでした。

でも徐々に「何もできなく」なってしまいました。

大津を入れたのは期待大でしたが、チュンソンを中央に持ってきてミノルと大津で左右から揺さぶるのかと思っていたところどうやら大津頼りのカウンター一辺倒。。。
ちょっと疑問が生じたその時、低すぎるラインがさらに下がったように感じたのは私だけでしょうか。

それでも時間は地道に、刻々と刻まれていきます。

もう残り10分を切ったところで悪夢は訪れました。



セットプレーからまさかのオウンゴール…
最初はエジミウソンにまたやられたかと思いましたが。
その数分後、サイドを突破され撃たれたシュート(切り返された時点で失点覚悟の危機的状況ではあったが)のこぼれを押し込まれ再逆転されてしまいます。

残り2分?
ロスタイム入れてもほとんど時間がありません。
ここでフランサと次郎を投入。
局面を打開するにはあまりに時間が少なすぎました。


タイムアップ。



あまりに残念な敗戦となりました。

選手たちはよく頑張ったと思います。
いつもそう思います。
内容もボロボロでは決してありません。
しかし結果はまたしても出ませんでした。




あまり言いたくはありませんが今日はちょっと言わせていただきます。

ベンチはもっと積極的に動いてほしい。

そう思います。


慎重なのと臆病なのは違います。
積極的なのと無謀なのは違います。
結果オーライなのと理詰めなのは多いに違います。


9試合、結果は出なくても取り組んできたものがあるはずです。
事実、今日の試合でもいいパスワークからの崩し、そしてゴールも奪えました。
先日の山形戦も決まらなかったシーンでもいい連動性はあったと思います。

経験のある監督なら常に勝てる…とは限りません。
でも「どうすべきか」「どう打開するか」は経験値を積んでいるものとそうでないものとでは差があると思います。
では経験値の差を埋めるのはどうすればいいのか…
積極性と大胆さ、ある意味ハッタリも必要なのではありませんか?




結果が出ていない現状はとても苦しいです。
でも我々は応援していきます。
どんなに勝てなくてもね。
どんどん勝てるようになるまで、またそれ以後もずっと応援し続けます。

アクションサッカーを目指し今その道半ば。
バランスを考えながら日々悩んでいらっしゃるでしょう。
私から見ても得点の内容がここ1、2年とは違っている印象です。

ですからベンチワークもリアクションではなくアクション采配でお願いしたいです。

是非!

大津投入→カウンター狙いではなくプレスの強化(または相手DFラインへの牽制)
フランサ→もっと早く出してあわよくばのゴールと前目でのポゼッション(とられた後では…)
次郎→浩太の状況はともかく中盤での大掃除(故障?)

ベンチの真意はわかりません。
私が言うのも所詮結果論だと言われてしまえばそれまでです。

でも動くなら同点にされる前におしかったドゥのヘッドが外れた時点で「もう1点取りに行くか、逃げ切りの準備をするか」の選択が可能だったと思うし打つ手はあったと思います。
あれが入ってれば確かに楽だったし打つ手のバリエーションもたくさんあったでしょうが。
タイミングを逸してしまうとどうなるか。全くサッカーは怖いです。


対する浦和は「自分たちのスタイル」を開始から終了まで一貫して継続していました。
目指すやり方が昨年とは全く違うようですね。
前ならつりおを前線にあげて放り込みの終盤になっていましたが、最後までボールをつなぎ動かすことを追及していました。
パス&ゴーとドリブル、そしてまたパス。
横に縦に斜めにと各選手が動いていました。
大崩れしないベースを短期間で作ってきたのはすごいことだと思います。

認めたくはないけれど、今日のところは差を感じずにはいられませんでしたね。



柏のスタイルってなんでしょうか?
目指すサッカーってどんなでしょうか?

臨機応変?

そんなわけありませんよね(笑)



J’sGoalの敵将のインタビュー記事の中で「どんな事態が起ころうとも多くの得点チャンスを作ることが勝利への道」的な発言がありました。

ジャッジのことや運不運などすべてを含めても「自分たちで流れを生み出せば勝利へ近づける」ということです。



ベンチのことをいろいろ言いましたが、最後は選手たちがピッチでどうやって試合を動かしていくか考えなければなりません。
現状で自信を持てというのは難しいかもしれません。
でももう「やるしかない」んです。

自分の力、チームの力、そしてみんなのバカぢからを信じて頑張っていきましょう。



あ~飲むぞ!!!


ではまた。

| 柏レイソル | | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ええいきますとも!
ええ飲んでますとも
これが柏バカのだいご味ですから。

てか大津のこの1戦にかける気合いはハンパなくて
キタジもそうで、
でも前半でけがしてしまい、
それで大津だったはずです。
後半は引いても守るべきだったので
運がないだけです。

さ楽しくなってまいりました!
何年か前の俺らとは違うんだぜべらぼうめ

| ボブ増尾 | 2009/05/05 23:55 | URL | ≫ EDIT

>ボブ増尾さん

キタジはだいぶ削られてましたからね。
あの時間帯の交代ならケガ以外考えられません。
大津は体調も戻ったように見え動きもよかっただけにベンチワークで生かしきれなかったのが残念です。

今の状況を楽しむのも確かに我々の仕事ですね。
我々も05年とは別人、進化しているところを見せる時だと思います。

| katsu | 2009/05/06 09:19 | URL |

高橋監督、更迭のぞむ

昨日の衝撃的な逆転負けに憤慨している一人です。
柏応援ブログを流し読みしてきましたが、敗因を正確に分析できていない、一心同体を曲解した輩が多く辟易しています。
そんな中、一石投じるような貴殿ブログには好感大。
以下、試合後の個人的雑感をツラツラと。

僕は昨日の試合に関しては、近藤のあわやヘッド前後の用兵が肝だったと思います。
フィンケが試合後言っていたように、あの時間帯、浦和は遮二無二圧力をかけていた。
そして守備を多く強いられた中盤の三人、栗澤・杉山・山根は御三方そろって一杯一杯の状態だった。
中盤のフィルター度合を強めるべく、絶対にここは新しい選手の活力で是正すべきところだったのだ。(個人的には山根アウト鎌田インを叫んでいたが)

それが、ですよ。

逆転されてから鎌田をいれるような意味不明な用兵術・・・・スカパー倉敷アナも暗に監督の用兵術の遅さに疑問を投げかけていたのが印象的でした。

またこの試合の戦術采配のみならず、高橋監督は戦略的にもミステイクしちゃってます。素人監督、面目躍如とでもいいますか・・・・。
浦和-ガンバ-鹿島というアングリル峠を迎える前に、09年柏の型、というかチーム力をMAX値に近づけておく必要があった。
・・・・しかるにこの状態・・・・高橋監督は、戦略的にもチーム創りに失敗した証左といえるでしょう。

中断前の残り三試合、おれは二勝は絶対的なノルマだと思う。
(予想は負け→負け→分けの勝ち点1)
浮上の可能性を秘める勝ち点6の獲得不可なら、高橋とは袂を分かつべきだと思います。

名将石崎監督の首を切ってまで招聘した高橋監督の目指すサッカーってなに?!
全く見えてきません。
全く伝わってきません。
目に見えるのは、アラの多く臆病な用兵術のみです。

高橋さんは柏レイソルを高みに導いてくれるノウハウを有した有能監督ではありません(断言)

05年の二の舞になってはいけない。
早めの手術を。

| 柏神社 | 2009/05/06 10:55 | URL | ≫ EDIT

>柏神社さん

こんにちは。
お怒りはごもっともですね。
勝てる試合は相手に食いついて離さず勝ちきらなくてはいけません。
中盤の選手たちの疲労度は見るからに表れていました。
後ろの選手たちに勇気を与えるのは前線でキープして時間が作れる選手とそばのポジションで一緒に体を張ってくれる選手だと思います。
次郎とフランサを入れるならもっと早くできたはず。
リアクション的な采配は私が一番嫌なことなのであえて書きました。

監督についてはここではなく別の機会に書きますが、更迭うんぬんよりも3試合全部勝っていただかないとね。
少なくとも五分の星に戻す2勝と1分け以上が私的なノルマですよ。

ただ、信じていきたい部分は05年のメンバーと今いる選手たちは「ハート」が違う、それだけは信じて応援していきたいと思います。

| katsu | 2009/05/06 18:09 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://katsu.blog2.fc2.com/tb.php/958-200b2d55

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。