柏強化委員会

流れなんて自分たちでつくるんだよ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

練習は裏切らない

と私は思う。

こんばんは。
サッカーに限らず今まで自分が継続してきたこととかを考えてみると、やはりたくさん練習したと自負できるものは多少ブランクがあってもどうにかこうにか帳尻を合わせることができる。

もちろん、今も練習し続けていれば尚良いがね(笑)。

サッカーならば毎日練習できれば幸せなんだけどなぁ(笑)。。。
サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村



毎日体を動かし、毎日ボールを蹴り続ければ私のようなオッサンでも必ず上達するはずだ。
ただしそれを続ける基礎体力がなければもちろんダメではあるがね。

ずいぶん若いころ、そう就職したばっかりのころは仕事を終えてさっさとうちに帰って車を飛ばし、ゴルフ練習場に駆け込んだ日々もあった。
平日の週3回練習場で300球打ち、合間に素振りを100~150回は入れるという今思えばスポ根マンガみたいなことをやっていた。
今そんなことをしたら足腰が立たなくなってしまうことだろう。
若いっていうのはホントいいことだよね(苦笑)。
その成果もあってそれを3か月続けた後のスコアがみるみるうちに上がっていったのは言うまでもない。それから約10年はだいぶ熱を入れて取り組んでいたのでそこそこのレベルは維持できていた。

しかし、他にもいろいろ首を突っ込みたがりの私は、全く違うものに関心を抱くようになる。
単純にうまくなりたいと思う気持ちがエスカレートして「もっと上に」行こうとする。
スポーツ以外でもその傾向はあって碁や麻雀も負けるのは嫌だという感じでやり倒した。
まあどれもプロになれるほどではないんですけどね…
碁の有段者試験(通信の)で3段に合格したのはよかったけど、免状申請したら5万だか10万だか取られると聞いてなんだかバカらしくなって覚めてしまったのですねこれが(笑)。

そんなときになぜか見ていただけのサッカーを急にやりたくなってしまったのです。

ずっと前にその辺の背景は書いた記憶があるので今日は書かないけど、まったくやったことのないスポーツは本当に難しいと実感したわけです。
当然すべてにおいて皆に劣るわけだし、若い時のような体力も気力もない。
でも「自分」に負けるのは嫌な口なのでいろいろな課題や限界がある中でもイメージと実際のプレーに落差に打ちひしがれても(笑)まあ続けてこれたわけです。

それというのも仲間がいたからですね。
いろいろなアドバイスをもらうことができたから今があるんだろうと。
実際に振り返ってみると私は「個人競技」ばかりしてきた感じで、一人で試行錯誤(もちろんアドバイスを受けることも可能だがそうしてはいなかった)できるものばかりやっていた気がします。

こうだんだん歳をとってくると年下の人の言うことをきかなくなる人が多いのではと思います。
でも私の場合は逆で、今になっていろいろな人から教えを乞うことに抵抗なくできるようになったしサッカー以外でもいろんなことを学びたくなってくるという「異常現象」な状態になっているんですね。
聞く耳を持つというのは実は得ばっかりでいいのだとここ数年分かってきたのだと思います。

今は月数回しかボールを蹴ることができないので「目覚ましい上達」には程遠いのが現実です。
気持ちの中では急に伸びる自分を想像している節もあるのだけれど(笑)そんなに簡単に行くわけはありませんし。
チームスポーツと言うのは一人では成り立たないからいいのかも知れません。
いろんな個性がぶつかることもあるけれどお互いにそれを知って行けばまたよりよくなれることも多いかなと。
だからこれからもできる限りはやっていこうと思います。



プロの選手はいろんな意味で恵まれています。
本当にプロとして戦える選手の数は限られています。
だからその姿は幸せな姿をしていなくてはいけないのかなと。
負けてばかりでは楽しいとは言えないけれど一人でなく仲間のためにも頑張ろうと思う気持ちを持ち続けることを忘れてはいけないし、アマチュアにはない応援してくれる人もたくさんいるわけで、大勢の人と気持ちを共有できる職業であるんだと思います。

練習に励む選手たちはいつも黙々と取り組んでいるようですがその姿勢にぶれはありません。
時々見に行っても練習に対する姿勢は常に一定のラインや感覚を保っているように見えます。
たぶんそれは試合だけを見ていたら気がつかないことかもしれません。
だから大勢の人が練習場を訪れて選手たちを見に来るのかも知れません。
感じることは人それぞれですが、私はいつも思います。


「練習は裏切らない」


と。

一時期の柏は練習自体が緩んでつまらないチームでした。
練習でできないんですから試合でできるわけがありません。
練習でどんなにすごいことができたとしても、試合のプレッシャーは尋常なものではありません。
必ずいいプレーができるという保証も何もないわけです。
だから技術や気持に波の少ない選手が、自分のやってきたことに自信を持てる選手が実際のシーンで好プレーができるのだと思います。

練習の裏付けと経験の裏付け。
今の柏はそれをチーム全体で身につけている時期なのではないでしょうか。


この前はいい勝ち方ができました。
しかし大谷が言っているように「一つ勝っただけ」なのは事実です。
かえって中断したのがいい方向に向くと信じて約10日後を楽しみに待ちたいと思います。


ではまた。

| 柏レイソル | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://katsu.blog2.fc2.com/tb.php/837-55ee7233

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。