柏強化委員会

流れなんて自分たちでつくるんだよ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

魔術師?いや違うと思う

こんばんは。
昨日の浦和戦、何と言うか滅多にはない、あり得ない展開でしたね。
そんな中で見せられたプレーの数々は印象に残り続けることでしょうね。

サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村



ミノルや祐三の奮闘は五輪組をしのぐようなものだったと断言できます。
ミノルのシュートは難しく何度も決まるものではありません。
あんなゴール年に何度見られるものか。
浮いたボールにドライブ回転をかけるような蹴り方で実はほぼ、無回転で落ちる。
GKも精いっぱい手を伸ばしますが触るのがやっとのスーパーゴール!

しかし浦和もすごかった。
阿部のシュートは決してやさしくなく、右サイドからのクロスを右足であれだけキレイにミートしたのは記憶にある限り昨年の10月ガンバ戦フランサのゴールだが、あれはもっと優しいチュンソンのパスだったし…敵ながら賛辞を贈るほかないこれもスーパーゴール!

ポゼッションは浦和に軍配ありって感じだったのは否定できない。
柏があんな風にポゼッションも出来ればまた別の攻撃の形を作れるであろうと思える。
データ上インターセプトが多いということは裏を返せばポゼッションはそれほどでもないということ。
「奪う」回数が多いのだから自分たちで「回す」比率はおのずから低いのだ。
でもそういう部分を差し引いてあまりあるのが柏のサッカー。
奪ったあとの速さ、迫力はJでもかなりのものではないだろうか。
これはうぬぼれ?
いや年々レベルは上がっているので今後も自信もってやってほしいと思う。

CKではアレックスの押し一発があったがそれ以外はほとんど先にボールに触らせてもらえなかった。
あと一歩、先んじることができないとセットプレーでの得点は遠い。
それでもニアに低く早い弾道のボールを交えるなどもされており成果が出るのも時間の問題だと思う。キッカーの質が高いのはわかっていることなのでもうひと工夫あればね。

後半は浦和が攻める攻める。
しかし柏も守っているばかりではない。
前半からもそうだがただひたすら相手をなぎ倒すという気持ちが出ていた両チームだったと言えるだろう。

ドロームードもなんとなく出てきた終盤、諦めていなかった。
ほんのちょっとの心の隙を見逃さなかった浦和の永井。
ホントに少しだけ石川のトラップが流れたところを奪い去り、飛び出してきた菅野よりちょっとだけ早くボールを蹴ってゴールをおとしいれた。
そのあとの祐三とのにらみ合いでは正直ムカついたがこのプレーは足の止まった浦和の中でも執念を見せたプレーではなかったか。
阿部といい永井といい「強豪」になっているチームにはこういうプレーヤーがいるということを見せつけられた瞬間だった。

点を見上げ悔しい気持ちを空にぶつけたが残り1~2分。

ヤバいと思った。
でも誰ひとりこちらもあきらめてはいなかった。
今何分なのかも現場では分からなかったがもうワンプレーがいいところとは思っていた。
菅野が蹴る。
ポポが浮かせてフランサへ。
フランサはゴール裏のわれわれの方の正対ししっかりトラップした瞬間明らかにアウトにかけた蹴り方でボールを蹴った。
ボールは緩やかに、スローモーションのように少し曲がってポストに当たりゴールマウスの中に転がった。

何と言うか、言いようのない展開。
ただ喜びを爆発させた。

試合後のコメントで最初からアウトにかけて…あそこしかない」みたいなのがあった。
ポポがボールを浮かせた瞬間にGKの位置、自分のトラップの場所、ボールの置き場所(空中での)、そしてシュートの質とコースを先んじて計算できていたのかも知れない。
魔術ではない。
計算ずくなのだ。
計算済みの展開を計算通り行う。
またそれを実行する技術もあるということなのだ。

話は違うが、すぐれたゴルファーはティグラウンドに立った時にグリーンから逆算してコース攻略を考えている。
カップの位置、グリーンの傾斜や芝目、コースの形状と逆算してどこにティショットを打つかを考える。
しかしそこに打てる技術がなければアンダーパーの世界には行けない。
計算だけなら私だってできることもある。でもそんな技術はないからね(笑)

しかしサッカーにはそんなにゆっくり考える時間は無い。
フランサのプレーはほんの数秒の中にいろんな思考が凝縮されている。
ただイメージできる選手ならたくさんいるだろうが実際に実行できる選手は…数少ないね。

そんなワールドクラスのプレーヤーと共に過ごせる選手たちと我々サポーターは幸せなのかも知れない、いや幸せなんだよ。
だから今を大事にこれからも応援していこう。

いつなんどきでも「あきらめたら終わり」。

前向きなベクトルでこれからも行こう。


つまらんミスをとやかく言う前に一人一人が前向きに。

久々にゴール裏に入って、それも埼スタのアウェイでそう思いました。



来週は日立台で。
またみんなで頑張って行きましょう!



でわ。

| 柏レイソル | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://katsu.blog2.fc2.com/tb.php/776-62b0222c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。