柏強化委員会

流れなんて自分たちでつくるんだよ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

サッカーの良さが勝利に結びつかない場合

とても苦しいと思う。

こんばんは。

昨日の樋口監督の胸中はいかなるものだったのでしょうか?

苦しんだ試合でしたが勝ち点3を得たのは我々でした。
サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村



デニスマルケスがベンチにも入らないという不思議な事態(体調不良だったのか?)ではあったものの大宮の攻撃はシンプルさに磨きがかかったものだった。
今年の試合を見ていると名古屋のようなサイド、サイド、サイドではなく小刻みにボールと人が動いてゴールへ向かっていく感じで、決して引き過ぎるわけでもない。
しかしながらここ何試合かは相手のロングボールによってラインを下げざるを得なくなり空いた中盤のスペースを握られてしまう展開になっている。

しかしこの日は違っていた。

吉原と藤本はボールを持つと持てる技術を発揮し、そこへ小林大が絡んでシンプルに展開していく。デニスマルケスがいなくてもゴールの予感は大宮の方にあった。

でも、シュートが決まらない。

パスミスをカットして抜け出した吉原にドゥがスライディングにいくもひらりとかわされ菅野と1対1に!
しかししっかりと間合いを詰めた菅野がシュートコースを見事に消しファインセーブ!
ドゥは例の川崎の焼肉屋で夕飯を奢らなければならないだろう(笑)。

それ以外にも何本かのシュートがマウスを襲うがことごとく菅野がセーブし無失点。
攻撃はチュンソンが力み過ぎか今一つで、いい展開もつながらない。
大谷のヘッドは…う~~~~~~ん惜しい!
ポポの弾丸ミドルもネットを揺らすことができず両GKのセーブが光った前半であった。

しかしながら大宮のゲームであったことは否定できまい。
両サイドのSBがうちの快速自慢太田、ポポに蓋をしてフランサにも激しいマーク。
チュンソンには片岡、佐伯が仕事をさせず左右にスペースが乏しいのでクラや大谷もオーバーラップを仕掛けられない。
自陣近くでのパスミスも多く祐三が試合後に言っていたように0-3でもおかしくない展開だった。


後半。
すぐにはペースは変わらない。
始まってすぐ、FKのリスタート。
ボールの位置が違っていたせいもあって少し集中が緩んだ瞬間に早いリスタート!
まんまと抜け出して余裕の小林大が寄せてくる柏DF二人をあざ笑うようなラストパス。
これに大宮攻撃陣2人詰めてちょっとかぶったか。
決定的シュートを何と佐伯が外してしまう。
これは正直助かったしこの日の勝利の大きな要因となったに違いない。

しかしだからといって閉塞したサイドをなかなか崩せない柏。
でも時々だがサイドからの攻撃が増えてくる。

太田を珍しく交代しアレックス。
チュンソンからたっちゃん。
この二人が大きな仕事をしてくれた。

入ってすぐ、たっちゃんが連続シュート!
これはブロックされたがこぼれを拾ってすぐに右に展開。
クラが外からおとしてアレックスの眼前をたっちゃんが直線一気のランニング。
DFがつられた瞬間にほんのちょっと空いたパスコースの向こうにはフランサが待つ。
強めのパスは見事に通されゴールに向かってやわらかくトラップされたボールは次の瞬間ゆっくりとマウスに運ばれた。

待望の先制点はゆっくりと宙を舞い誰も触れないままの不思議な感覚で生まれたものだった。
フランサならではの味と言ってしまうのはボキャブラリーがなさすぎるだろうか(苦笑)。
ともかく、大きく優位に立ったのは事実だ。

大宮は吉原や藤本を下げてしまった。
ラフリッチは大きく強い選手だが前述の二人とは対極の選手でマークはつきやすい。
高さでは劣るものの祐三やドゥは息を吹き返すハードマーク。十分には仕事をさせなかった。
大宮は彼の高さを生かすような横からのクロスが少なく縦のロングボールばかり。
守備につかれたSBは上がってこれず効果的なアタックは少なくなった。

ロスタイムをやり過ごし、勝利はわがものに!

樋口マジック敗れたり!(笑)

後半の戦い方を変えた理由はわからないがそのおかげでうちが息を吹き返したのは事実。
アレックスとたっちゃんは自分のやるべき仕事をしっかり行った。
とくにたっちゃんは敗れた名古屋戦でも一人気を吐きいいパフォーマンスを見せたと言えよう。
キレのいい動きにうっとりした人も少なくないはずだ(笑)。

でも反省点も多い。

次郎やドゥはもう少し頑張らないとね。
私が言うまでもないけれどマイボールを簡単に渡してしまっては攻撃に厚みもリズムも出なくなる。
全員サッカーで乗り切ったがいつゴールを突き刺されてもおかしくなかったし。
ドゥは終了間際の頑張りは素晴らしかっただけに試合に出続けてパフォーマンスを取り戻してほしい。
チーム内のライバルは多い。頑張ってくれ!

チュンソンの不発とかメディアに書かれるが気にする必要はない。
日に日にマークはきつくなる一方だ。
でも一つだけ言いたいことがある。
チュンソンにみんなが期待しているのはゴールに他ならない。
それにはシュートをたくさん打たなくてはいけない。
聞き足の側が空いているのにパスを選択したり少しちぐはぐだったね。
DFを引きずりながらの強引なシュートも見たい。
華麗なプレーと泥臭く力強いプレーの両面を見たいんだ。
みんなチュンソンに打たせようとパスを送ってくる。だから「打たされ」ようがなんだろうが強引に狙ってほしい。
そういうことです。



難敵を倒しまた一つ前進した。
次はバタバタしている緑色のチームをギャフンと言わせてやらければならない。
間隔は短いがしっかり備えていいサッカーを見せてください。

期待しています。


ではまた。

| 柏レイソル | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://katsu.blog2.fc2.com/tb.php/753-01b27de8

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。