柏強化委員会

流れなんて自分たちでつくるんだよ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

足りない力

昨日の鹿島戦、一番苦しい場所でのドロー。
満足ではありませんが今の立ち位置ではまあまあではないでしょうか。

判定をどうこう言っているのが多いですけどそんなこともう随分前からですから冷静に対処したほうが得策なのはみんな知っているとおりですよね。

では振り返ってみましょう。

サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村



前半の最初はというか先制されるまではほぼ何もさせてもらえませんでしたね。
シンプルにサイドを使ってワンツー&サイドチェンジを繰り返され左右に揺さぶられます。
どちらかというと左サイドの新井場が積極的に上がってきてシュートを打つシーンなどでゴールを脅かされます。若い2トップコウロキと佐々木が裏を狙ったり引いたりと予想以上に動きがよく少しDFラインが混乱→ギャップを生んでピンチの連続でした。
しかし最後のところの寄せやすげ~ののファインセーブと好判断で危険なシュートは打たれていませんでした。
PKのシーンはう~ん仕方ないですね。。。
折り返しに詰めた岩政のヘッドはさほど強くなく、次郎が手を出さなくてもすげ~のキャッチだったでしょう。故意でないと言ってもあれだけ手をあげてしまえば言い訳はできませんね。
今後はみんなに言われるでしょうから気をつけてもらいましょう。

ここから反撃に出ます。
ようやくボールがつながりだしてきて相手のラインの裏に何回かいい形でボールが出始めます。
ラインの裏に抜け出たポポからタニ左クロス→相手DFの前に飛び込んだのは太田!
ポジショニングが勝負というお手本のような素晴らしいゴールで同点に追いつきます。
高さで勝てないならそれなりにいいポジション、相手より先にボールに触れる場所で勝負する。
これで日本人トップタイの5点目です。あ、あの五月蝿いブラジル人は数には行ってません(笑)。

いい時間に追いついてチーム、サポ全体の士気が上がります。

後半になって徐々に鹿島のプレッシャーが緩み始めます。
中後が手を故障、青木は体調が悪いのでしょうか(あとで記事で確認)途中交代。
小笠原も体が重そうでしたね。
青木が下がったことによってチュンソンがリズムを取り戻し始めます。
体は軽いようで動き自体はよかったけどさすがに実戦は紅白戦とは違い厳しいもの。
肝心のところでパスミスやもち過ぎが見られました。
相手のオフサイドトラップにもたびたびかかり、パスをしたポポが苛立っていました。
しかし中盤でのプレッシャーが緩んできていい所に顔を出せるようになりましたね。
オーバーヘッドは二度打ちでしたが動き出しがよすぎて前に入りすぎたもの。
もう少し落ち着いてればマークは振り切ってましたからヘッドでズドンでしたね。惜しかったです。
GKとの1対1は…あまりにフリーすぎてつい浮かしてしまったのでしょうか。トラップしてかわす余裕もあったように見えましたがこれも惜しかった。
ラインポジショニングはさすがの一言です。
あとぺナ外でのソガハタとの接触は…あれはどう見ても得点機会阻止としか思えませんが判定はただのラフプレー。
だからと言ってあの時に一人退場でうちが勝てたかどうかはわかりませんので判定どうこうは言いません。

どっかの試合でスローインが相手ボールにされた誤審がどうのこうのと言われているようですがあれがマイボールだったからと言って文句言ったチームが勝てたのでしょうかね?集中力を欠いたのが一番の原因のはず。
マイボールが相手ボール、CKのはずゴールキックになったりは確かに「誤審」は数限りなくあるでしょう。しかし人間がやる以上それを乗り越えていままでどのチームも戦ってきたはずです。
つい1週間前に「誤審」でPKを得て勝ったチームの選手にがたがた言われたくありませんね。
うちも等々力の誤審でPKを取られました。でも負けたのはリードしていたのに一つの失点で動揺し集中を欠いたからです。
確かに判定に不満があるゲームは存在します。
でもそれをはねのけてこそではないでしょうかね。


余談が長くなりました。

古賀ちゃんのあのヘッドが入っていればとかいろいろでしたが最後の方はダニーロにかきまわされ(あの吸いつくような切り返しはすごいね、マジで)苦しみました。
コウロキが下がってくれて正直助かりましたね。田代はただ真中に張ってるだけでしたのであまり存在感なかったし。ダニーロとコウロキで最後までやられたらちょっと危なかったかも知れません。

印象的なピンチは多かったですが決定的ピンチは意外と少なかったと思います。
こちらの少なかったけど決定的チャンスは意外とありました。

J2と時からずっとそうだけど、やはり足りないのは「決定力」。
これに尽きますね。

でも確実に解消に向かっている途中だとは思っています。
勝てない時期も言いましたがチャンスを作るところまでは素晴らしいプレーも出ています。
ただ昨日のようにその前の段階つまりはつないで展開する際にミスがあったりサイドチェンジができなかったり一発の勝負パスを狙いすぎたりちょっと判断のバランスが良くなかったのかも知れません。
でも試合は相手も変わってくるし研究もされますからいつも自分たちのストロングポイントを充分に出せる試合ばかりではありませんのでその辺はしっかり見ていきたいと思います。

昨日の試合におけるチュンソンの評価はまちまちでしょう。
4試合の欠場は影響がなくはなかったはずです。
好調だったミノルや帰ってくるフランサ、この日も途中から守備を引き締めた浩太、ベンチに戻ってきた巌、帯同しなかったドゥなどもいて全体の構成をこのナビスコや中断期に再度考える時期になりました。


もっと強くなるために、やらなくてはならないことは山のようです。
しかし一歩づつ階段を上がっているはず。
タマには踏み外してずっこけることもこれからあるでしょう。
そんなときは今まで以上に選手を鼓舞し声援を送る、それだけです。

日立台にも審判のジャッジに野次を飛ばす人も多いです。
でも野次を飛ばすならその分いいジャッジには大げさなくらい「ナイスジャッジ」とか言えばいいのにと思います。
見る側も成長を求められる。
まだJリーグ15歳。
いろいろありますがみんなで頑張りましょうよ。



鹿島は満身創痍のなかさすがだなと思いました。
いつか必ず鹿島スタジアムで勝利したいものです。
でもたぶんずっと強敵でしょうから簡単にはいかないでしょうけど。

体調管理も大変でしょうが来週のACL頑張ってくださいね!



というわけで今日はこれまで。

| 柏レイソル | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://katsu.blog2.fc2.com/tb.php/688-ee59807f

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。