柏強化委員会

流れなんて自分たちでつくるんだよ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

弾むようなチームに勝利した生きのいい奴ら

こんにちは。
昨日はみんなおつかれさまでした!
いろいろ課題はありますが「柏らしい」粘りの勝利でしたね。

では試合を振り返ってみましょう。
サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村



FC東京はいろいろ報道されているとおりポゼッションを大事にしボールも人もよく動くサッカーを目指しているというのが現れているいいチームですね。
一度ガーロを招聘してつなぐサッカーを目指して失敗しましたが(監督の指導力不足?)城福さんは(たぶん)わかりやすくかつ選手のモチベーションをあげながらやっているのでしょう。選手たちには迷いはないようですね。

しかしながら雨に濡れた微妙なピッチコンディションが両チームのミスを誘発し「消化不良」のまま試合は進行していきました。

東京は長友を離脱で欠いたものの梶山が復帰。
この梶山がタクトを振るいます。
今野が前に出て行くことが多くやや後ろ目で的確にパスを「捌き」ました。
ここを充分につぶすことができずプレスもあまりかかりませんでしたね。
またカボレが懐深くいったん預かって簡単に捌くので結構柏にとってはキツメの展開になります。

しかし決定的チャンスは柏に。
中盤からのバックパスを藤山がウォッチ。左サイドからミノルが猛然と襲いかかります。
先日の神戸戦の真逆(笑)。しかしシュート直前で滑ったか躓いたかバランスを崩してしまいシュートは惜しくも枠の外…古賀弟と同じように外してしまいます。
右サイドを突破した太田からマイナスのパスがアレックスに!
そのままダイレクトで流し込めば!と思ったところ左に持ち替えてコースがなくなってしまいました。左の上を狙ったであろうシュートは枠の外へ…。
他にもアレックスから大きい展開で右の広大なスペースに出されたパスから太田が突破!
シザースでDFを振り切りシュート!これはスーパーヒトシくんがスーパーセーブ、というか普通にシュートコースを切ってセーブされます。
東京はぺナ内ではシュートができずポゼッションでは東京が優位でしたが早いカウンターからの決定機は柏にありという展開。
全体的にはお互いパスミスが多く中盤が落ち着かない感じで蹴りあいも多くもうひといきな感じの前半でしたね。

後半は東京ペース。
梶山の遠目からのシュートにすげ~のが食らいついてセーブ。
この辺で目を覚ました東京が柏陣内にだんだんと侵入してきました。
セカンドボールもことごとく拾われて苦しい時間が続きます。
しかしその中でもいい場所でボールカットできた時はスピードを生かした攻撃を展開しました。
後半守備の追われあまり前に出て行けなかった太田にビッグチャンスが!完全にフリーで抜け出しDFと1対1!しかし抉るかシュートかもう一つ決断が遅かったか間合いを詰められクリアを許してしまいます。
太田のよさはやはり思い切りがよいところ。
果敢に勝負した前半のように思いっきりシュートで終わってほしかったですね。
そうでなければ左でどフリーだったアレックスに「縦いくぞ」と見せてスルーパスは選択できなかったかな?川崎戦の後半でも全く同じシーンがあってそのときも間合いを詰められてチャンスを逃がしてしまいました。太田の良さも相手に研究されてます。意外性のあるプレーやパスも一考かなと。

そんな押し込まれ気味の攻防の中得たCK。
ポポの鋭いキックをスーパーヒトシくんがパンチング。
しかしそれが我がキャプテンの眼前に!
「迷わず枠の中だけに蹴り込んだ」弾道はファーサイドのネットを見事に揺らしました。
貴重な先制ゴール。
後半の半ばでモチベーションを高めるのは格好のご馳走で皆の笑顔がはじけます!

しかし東京も近藤や大竹を投入していて柏の両サイドにかみついてきます。
大竹のCKは高い精度でまた近藤のライン突破は神戸時代と変わらず脅威でした。
しかしゴールを割ることを許しませんでした。

時間もなくなってきて勝負に徹した城福さんは平山を投入。
結果としてあの高さは怖かったけれど「スタイル」を崩してくれたのは少し助かったかなと思いました。
あのまま丁寧に且つスピードアップしてつながれ、サイドをえぐり続けられたら最後まではもたなっかったかも知れません。
平山投入で「守備意識」「集中力」に火がついた柏は水際でボールをクリアしていきます。
ミノルのライン上クリア、混戦の中でのクラのクリアなどゴールを割りそうなシーンが頻発しました。

今野と競り合った古賀が頭同士で激突(今野がボールには競り勝っていてバックヘッドが古賀の頭とぶつかった)し古賀が倒れました。
しかし意識はしっかりしていて小瀬のときの石川のような感じではなさそう。でも大事をとって交代しました。
浩太が入って次郎をCBに下げ対応しましたね。
大津は前線でチャンスを待ちつつ大竹とのライン際でマッチアップした際にはファールになりましたが競りつぶしピンチを救います。
終了?かとおもいきやライン上で待っていたアベシューイン。
初出場おめでとう!また一人新たな選手がピッチに立つことができました。
このところベンチには入っていましたし練習も頑張っていましたね。
次はもっと長い時間出られるよう期待しています。

6分と表示されたロスタイムは表示をはるかに上回る7分半。。。

ここ数年まれに見る長いロスタイムも跳ね返し勝利をものにしました!!!


全体的にはパスミスが多かった(これは両チームに言えること)
またシュートシーンで手数をかけ過ぎた感じがありました。
しかしチャンスの演出、回数は昨年よりも確実に増えている印象なのは開幕以降変わりません。
どうすれば攻撃を円滑にできるか、押し込まれている状況でもサイドを使って反撃するシーンもあり今後に期待を抱かせる部分もあり収穫でしたね。
ボランチを2枚にした効果か守備面の安定感は増してきました。
監督はその分攻撃の枚数が足りなくなって不満のコメントを残していましたが、ここは神戸戦でも書いたようにタニが勇気を持って出ていけるかが今後のキーポイントになっていくでしょう。
彼の攻撃センスは柏サポなら周知の通り。
運動量も半端なく必要になり攻守両面で大変な重責になるでしょう。
でも彼ならやってくれそうですよね!

「笑顔の刺客」が再度微笑むのはいつなのか。

そんなに遠くはないと確信しています。


弾むようにピチピチした東京に勝利した若く生きのいい柏イレブンの成長はまだまだ途上です。

さらに強くなるために、日々切磋琢磨していく様をみんなで見守っていきましょう。



それではまた。

| 柏レイソル | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://katsu.blog2.fc2.com/tb.php/680-3fc2d798

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。