柏強化委員会

流れなんて自分たちでつくるんだよ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

強いチームになるために負けた横浜戦

こんばんは。
負けるべくして負けました。
試合を見ていてふがいないとも思いません。
選手たちは今できるだけ懸命に闘っていました。
が、力が足りないということです。

もっと強くなって欲しいので、要望します!

サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村



昨年の対戦でのはなし。
鹿島は昨日連勝が止まってしまいましたが盤石の強さを誇っていました。
しかし対戦した時は何も通用しないほどと感じはしませんでした。
横浜の方が試合は勝ちましたが内容ではうちは圧倒されました。
ほとんどシュートチャンスを作らせてもらえませんでした。

サッカーとは面白いもので圧倒されていても勝つこともあるし、攻め込んでいても負けることもあります。
どちらも強く安定したチームだと思います。

ではうちとなにが違うのでしょうか?

私が率直に感じるのは

「プレーがシンプルである」
「相手のいやな方を突いてくる」
「粘り強く何度もアタックしてくる」
「プレーの選択肢が多く判断が速い」

この辺でしょうか。

一番なのはシンプルなプレー。
テンポよくポンポンとつなぎギャップを見逃さない。
ボール保持者を追い越す動き
ボール保持者を見て素早く動き出す
なので保持者には多数の選択肢がありまた判断が速いので一番相手が嫌な場所にパスが出る。
決定機になればゴールに近づく、ゴール出来なくても相手は苦しいので次のアタックに移れる。
以下繰り返し。

もちろんすべてそう簡単にはいかないけど難しいテクニックはごくまれにしか使わない。
ほとんどがパス&ゴーかサイドチャンジそして横からのクロス。
中に詰める選手も相手のマーカーを外す工夫を凝らしてくる。
一度ダメでももう一度さらにもう一度。
いまそれが一番できているのは実は名古屋で本当にシンプルにサイドに振ってくる。
中が空けばゴールに一直線に突き進む。
それが脅威なのは山瀬。
相手のギャップを狙ってやまないのはマルキーニョス。
小さなスペースを見逃さないからゴールを強引に陥れる。

柏のスペースハンターはチュンソン。
宇宙じゃないよ、念のため(笑)。
私は小さなスペースを見逃さないポジショニングが彼のいいところと思っている。
だからシュートは少ないかもしれないが決定率は驚異的に高い。
しかしそのスペースハンターはいま「詰まって」いる。
スペースを作れない、飛び込めない、こじ開けられないと逆3拍子揃ってしまっているのが現状。
私は思う。
一つでいい、こだわってみてはどうかと。
06年の函館のゴールは誰も忘れることはないものだ。
鬼の形相でゴールをまさに「奪った」ものだった。
湘南戦(9月2日)では出てきてすぐにDF2人を引きずって倒れず振り切ってディエゴ→フランサ→シューシャ→ディエゴのゴールの起点となった。
他にもゴールシーン以外で気迫のこもったプレーはたくさんある。
ポジション的に今はゴールを背にしたプレーが多くなるのは仕方がない。
でもターンやシュートの技術は決して他チームのFWに劣らないと思っている。
相手をなぎ倒し、ゴールに向かって吠えながら突き進む彼を見たい。


茂原を先日間近で見たが本当にうまい。
足もとの技術は相当のものだ。
しかしそれがいまアダになっている。
シゲがシンプルにプレーしたとき、大きなチャンスになっている。
記憶に新しいのが新潟戦のワンシーン。
ダイレクトで石川にはたいて石川フリーでシュート!
決まらなかったが大きなチャンスになった。
以前在籍時に一度も勝てなかった鹿島スタジアムでミドルシュートを決め勝利に貢献した。
国立ではタマちゃんに長いスルーパスを通した。
技術、キープ力があるがゆえにボールを持てるわけだがそれが逆にチームのスピードを殺してしまう場面も出ている。囲まれて失う場面も結構多い。
自ら仕掛けられる選手であることは甲府での活躍を見ていればみんなが知っている。
昨年の今頃は手がつけられなかった。
ぺナの中までえぐって仕掛けるプレーを柏でそれほど見せてはいない。
監督の求めるものも甲府時代とは違うだろうけど、相手と1対1ならそういうプレーも見たい。
硬軟織り交ぜてもらえたら相手も怖いと思うのだが。


勝手にいろいろ書いたがやはりキーマンの二人には活躍してほしい。
本当は怖いはずの選手がおとなしいままで引っこんでいるはずはないと信じている。


他の選手もしかり。

サブに甘んじるはずもないミノル。
先発でない鬱憤を晴らすかのようなポポの長距離砲。
遠目からでも積極的にゴールを狙う彼らの目に迷いはないはずだ。


戦術やフォメがどうこういう前に、もう一度自分たちの立ち位置を確認するべきだと思う。

「オレはこのプレーなら負けない」

プライドと自信があってこそのプロフェッショナル。
うまくなりたい
強くなりたい
と思うなら貪欲にチャレンジすべし!

走り負けないのがチームカラーなら試合に負けても走り負けなかったと自負できる試合をしてほしい。

大丈夫だ。
やるべきことをやれば必ず先に行ける。


2勝3敗1分…

べつにどうってことはない!

2つくらい勝てば昨年と対して変わらないよ。



まずは水曜だが週末は絶対に勝とう!
フッキは出場できるよ(ナビで赤紙消化のため)。
怖がってないでぶっつぶせばいいんだ!

相手をへたり込ませるような気合を見せなければ今後どこが相手でもなめられる。


週末は選手たちの背中が「燃えている」かどうか確認しに行こうと思います。

下向いてる人、もういませんよね。(笑)



ではまた。

| 柏レイソル | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://katsu.blog2.fc2.com/tb.php/649-547048a9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。