柏強化委員会

流れなんて自分たちでつくるんだよ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ガンバ戦と聞いて思い出すもの

こんにちは。

薩川くんのお話はちょっと休んでガンバと聞いて思い出すものは何かな?と考えました。

出てきた選手は…

サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村





97年5月。
私が訪れたのは日立柏サッカー場。
この日はMR席での観戦だった。

ガンバ大阪との対戦。
ここに浪花の黒豹ことカメルーンの大巨人(笑)あのエムボマがやってきた。
彼の身体能力の高さはそれをTVで見た人でさえわかる「超人的」なもの。。。その辺を柏DF陣がどう押さえるのかが見ものだった。
敵の選手に「ワクワクさせられる」なんていつ以来だろうか?

しかし結末は以外?当然?の結果になっていくのであった。

ジャメーリ(のちにサラゴサ→清水)の動き運動量が非常によく、エジウソンの欠場を感じさせない柏は早い時間帯にジャメーリが2得点。勝負の行方は更に柏に傾いていく。直後ガンバの平岡が黄紙2枚で退場!もうこれで今日はいただきか?いやいやエムボマ一人でやられちゃうかもしれないからまだわからんね。
柏は両サイドバックの沢田謙太郎と片野坂がもう上がりっぱなしで両サイドを制圧。エムボマにはこの日明神とともにボランチに入った石川健太郎がCBの萩村(現東京V)と渡辺毅の3人で挟み込み自由を与えない。中央を嫌がったエムボマはサイドに開くと棚田伸とのマッチアップ。これが巨人と小人みたいな図式になってスタジアムが妙に笑いに包まれ和んでしまう。
そんな雰囲気にむかついたのかニカノール監督の怒りが爆発!
3人でエムボマを見ていたトリオを解散させ(笑)一人に攻撃に参加しろとどうやら言っているようだ!その指示に3者顔を見合わせて結局石健が前に上がっていく。そんなこんなのいろいろありだったがその後セットプレー(だったよな?)から渡辺毅が加点、頑丈そうな体をもてあまし気味(失礼)のシルバがが駄目押し点をたたき出した。
エムボマはニカノールの闘争心にくじけたか精彩を欠きこのまま柏が逃げ切るはずが…終了前にバブンスキーが前線に上がってた?よく覚えて無いがDFなのに得点して場内シー~ン。。。
まあよくあるパターンですよね。大量得点後の1失点。。。

柏はここをキッカケに3連勝し1stステージを終了。
一時は首位に立ったが初の3位で2ndステージへつなげたのであった。
正確にはつなげなくてはいかなかったのだが…
地獄の2ndステージの話はそのうちいつかに。








また昔話になってしまったが日立台には思い出深いシーンが多い。
そして意外に日立台ではガンバ大阪に負けてはいない。

02年の最終節。
残留をかけた激しい興亡の末2-0で勝利。
解説者に「平山の感性、センスですよね!」と言わしめたエジウソンへのループパスは今でも私の脳裏に焼きついている。
そしてこの年からガンバに行った敵将の西野さんに苦い水を飲ませた。

降格の05年。
玉田とレイナウドの活躍で勝利した。
絶対的エースのアラウージョを明神が体でとめたシーンは記憶に新しい。

そして今07年秋。
敵はバレーという「巨人」を戦力に迎え入れ絶対に負けられ無い一戦と位置づけているはずだ。
柏に相性のいいバンドもいる。
遠藤や二川もイヤだ。
明神と橋本は忠実に役目をこなしている。
本当に強敵だね。







でも我々も負けられない。
こっちにも意地がある。
腐りかけていた日立台をみんなの力でここまで持って来た。

「楽しい日立台」から「楽しくて強い柏が試合をする日立台」にするために負けられない。

誰かがいないと言われても勝点を積み重ねてきた。
でも明日は「勝利」が欲しい。
みんなで勝ち取りましょう!


ではまた。

| 柏レイソル | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://katsu.blog2.fc2.com/tb.php/514-ef885590

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。