柏強化委員会

流れなんて自分たちでつくるんだよ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シーズン終了~柏レイソルから教えられたこと

埼スタ以降CWCで夢舞台に上がり、天皇杯は残念な負け方で「もっと見たい!」と思わせるような形の中、今シーズンの柏レイソル全日程が終了しました。

今年はあまり練習見学にも行けず、アウェイの試合にもほとんど行けずでしたが、これだけの結果を残してくれて満足度としてはかなり高かったシーズンとなりました。

柏レイソルから教えられたこと。

考えていきたいと思います。

サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村



一番の魅力は「練習から真剣勝負」である事。

今年のキャンプ前、また帰ってきてから、そして6月頃など練習を見に行けば、仲間として認めながらも「ポジションは譲らない」と言う気持ちがこもったプレーが見られて、見ている側も楽しいんですよね。
ずっと前のことですが、練習で気持ちが入っていない選手、明らかにメンタルの浮き沈みが激しい選手がいると練習を見ていても楽しくないし多分やっている選手たちも微妙な感覚なのではなかったかなって思えるんですね。
その辺、ネルシーニョが素晴らしきモチベーターとして柏の選手たちとのやり方、関係がうまく行ったのだと思います。

もちろんいつも言っているようにすべての選手が幸せになれるわけでもなく、ネルシーニョになってからも数人の選手がチームを去っていることも事実ではあります。
でも大多数の選手が「この監督ともっとサッカーがしたい」と思わせるんですからそれはすごいにつきますね。

私は昔から練習で頑張っている選手はホント応援したいって思っているんですが、今の柏の選手たちはどの選手もしっかりと練習に取り組んでいて甲乙つけがたい気すらしています。
なかなか練習を見に行けなくなっている昨今ですが、試合はもちろん来年は何とか時間を作って練習を見に行きたいですね。


もうひとつは「継続することの大切さ」です。

レイソルのサッカーってどんなサッカー?
以前知人に聞かれたことがあります。
どんな…どう説明したらいいんだろう?

弱かったころは引いて守っても隙だらけ、攻めに行けばこれまたガラ空きのスペースを突かれてしまう。パスは3本つながらない、結果勝てなくなっている。
いろいろな監督になっても結果が出たのは石崎さんの時だけで、それでもやり方を変えた途端に自分たちのサッカーを見いだせないまま沈んで行ってしまった。
当時HCだった某氏が監督になって流動的攻撃を唄ったが練習を見に行っても具体性を欠いていて選手たちは「帰るべき場所」つまりは自分たちのサッカーって何なのか全く分からなくなってしまったんじゃないでしょうか。

練習を見ていると気がつくことがあります。
ちょっとしたフォメの練習や8対8なんかでも、監督自ら各選手に細かく何か言っているんですね。
遠いからハッキリは言えませんが多分その多くはポジショニングの事なんだと思います。

守るときはどこに身を置くのか、また守から攻に転じた時にどう攻めるのかを事前に考えておく、攻めている時も同じようにカウンター時のリスク管理をどうやるのか、バランスを考えてプレーすることを日々繰り返し説いてきたのではないでしょうか。

このあたりの話は私なんかが言わなくてもEG担当記者さんのネル本とか雑誌の優勝特集の選手コメントを読めばたくさんエピソードが出てくる話ですよね。


それで、今私が「レイソルのサッカーってどんなサッカー?」と聞かれたら。

「バランスの良い組織的なサッカー。」

と答えるでしょう。

ん?なんだか当たり前の感じですか?
そうなんですけれど、こういうサッカーって言い方を変えれば「見ている人が楽しめる確率が高くて、不快になることが少なめのサッカー(笑)」でもあるんですよね。

ボール保持者だけでなくボールのない選手の動きや、攻撃時のリスク管理の部分だとか、ゴールシーン以外にも見どころの多いサッカーなんですよと言いたいかな。

「そんなのなんだかわかりにくい」

とも言われそうですが(苦笑)

まあ、バランスの良いって言う中には、ダイナミックにゴールを狙う部分もあるし泥臭く守備に頑張る部分もあるわけで、そういう「熱い」ものと「冷静」な部分とが「バランス良く」まじりあっているんですよ。

もっと簡単に言ってしまえば、

「勝つためにどうしていくかを理詰めで考え抜いている」と言う感じ。


ますます分かりにくくなってしまった。。。


たくさん勝つってことが一番楽しいんですよ。
そういうことです!



練習で「勝利」のためにと言う目的がはっきりしていて、それに向かってどうするべきかを皆で考えていく。
そのことを毎日継続していく。
簡単そうで難しい。
特にプロスポーツは結果が全てですから、結果が出なければ雑音も聞こえてくるもの。
自分たちのやり方を貫き通した柏レイソルの皆さんの賛辞を惜しみません。

本当にありがとう。
そして1年間お疲れ様でした。


サッカー選手ではなくてもみんな社会人なら仕事を持っていて、日々自分の仕事を繰り返していく。
その日によって相手も違ってくるけれど、なかなか自分らしい部分って分からないものではないでしょうか。

自分の中のスタンダードって何なのか、繰り返してきた自分のやり方の中でうまくいったこと、失敗したことを検証して生かせているのかどうなのか、いろいろ考えさせられまた教えられたような気がします。


来年はどうなっていくのか?
どんな素晴らしい勝利を見せてくれるのか!

楽しみにしていきましょう。



では来年もよろしくお願いいたします。


多分ゆっくりと書いていくと思います・・・・・



| 柏レイソル | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://katsu.blog2.fc2.com/tb.php/1182-baefe635

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。