柏強化委員会

流れなんて自分たちでつくるんだよ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

完敗~大宮戦

ボタンをかけ違えたまま試合終了してしまった大宮戦。
まったく残念な結果になってしまいましたね。

相手のスーパーゴールやスーパーセーブも出ての敗戦だけに仕方ない部分もあるものの、もったいない試合でもありました。

ほんのちょっと前までのチームとしての強さを見せることができなかった要因はどこにあったのでしょうか?

サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村



中盤でセカンドボールが拾えなかった。
いつもなら中盤でポゼッションしながら空いたスペースをうまくついて人が入れ替わり立ち替わり入っていくのが柏のいい感じの時ですよね。
その根底にはセカンドボールを拾いながらゲームをコントロールしていくことが一つのバロメーターになっていると思います。
ではいつもならどうなのか?
昨日に関して言えば、激しく前線からプレスを掛けられ仕方なく前線に大きくけるケースが多く、前線の選手は4人が相手DFラインにへばりつき裏へのボールを要求する。
柏の2ボランチの一人はパスを出したくて仕方がなく、もう一人はスペースをケアしなければならない。
6-0-4だったり5-0-5のようだったりで中盤に降りてくる選手、中盤にとどまる選手がどんどんいなくなってしまった状態に陥り完全にセカンドボールを支配されてしまった感じです。

大宮は失点を回避するために引き気味だったのは言うまでもありませんが、それだけでなくコンパクトな陣形を維持しながら激しくプレスをかけてきました。また攻撃はシンプルにラファエルに放りこんでそのこぼれを拾う形を徹底。これもまた前線でしっかりためられるラファエルがいればこその方法ですが、他の試合では見られないほど徹底されていて迷いなくやられてしまった気がします。

柏は人と人の間に選手がいなくて、相手選手とくっつきがちなポジショニングで常に競り合い体をぶつけ合うシーンばかりでした。
結果前線は前に行きすぎてボランチ以降は引かされてしまい、いつもの絶妙な距離感をキープすることができずずれたパスをひっかけられてカウンターを食いまくる、そんな図式にはまりまくってしまいました。

ボールを奪うのが信条でそこからのつなぎが生命線であるのに、ボールを奪えない、つなぐ距離感に人がいない状態が長い時間続いてはなかなかゴールまでのアプローチができません。

開始直後の失点を整理できないまま前半終了。

後半、キタジとタニが入ります。

個人的な考えではタニを試合開始から入れて欲しかったですね。
監督の思惑には茨田でポゼッションをしっかりやっていきたいのと、彼のパスセンスに期待していたんだと思います。しかしなんとなくピリッとしない展開で修正ができなかった(茨田だけが悪いわけではなく)中で、落ち着きとキャプテンシーが必要なのは言うまでもありません。
選手たちの中にも「この状況を楽しむ」思いはあっただろうけど、見えないプレッシャーもあったには違いないでしょう。多分否定されるとは思うけど。
だから神戸戦でも素晴らしいプレーだったタニを先発させてほしかったなと。

結果交代は栗沢と澤で、キタジを前線にジュンヤを左に回します。

これが守備面でちょっとした綻びになるか、はたまた攻撃面で効果を生み出すかというところでしたが、結果サイドを制圧するには至らずまたしてもラファエルにゴールを許してしまいます。
これもシンプルで人数をかけない攻撃から。
今までの柏らしくなく、バイタルエリアがぽっかり空くことが多くそこを的確に突かれてしまった無念の失点でした。

2点差になって苦しくなりますが、水野が入って息を吹き返します。
左サイドで起点になりどんどん仕掛けていくことで相手も下がり気味の対応が多くなりました。

左サイドをえぐってクロスを入れると、中で競り合った選手の向こうにレアンドロ。
しっかりとトラップして右足を振りぬきたたき込みました。

これで1点差。

さらにキタジが鋭い飛び出し(この前にもフリーで抜けるシーンもあった)でキムがユニの後ろを引っ張っていたのを主審がしっかり見ていてPKに。
このPKはなんと今季初めてのPK。
キッカーは昨年同様にレアンドロ。
だれもが当然のように決めると思っていたところがコースが甘く北野にセーブされてしまいます。
このプレーを境に柏は勢いを失っていき、大宮は失いかけた活気を取り戻します。

中途半端な形からカウンターを許し、とどめに近い1点を決められてしまいます。
しかし時間が全くなかったわけではなく、選手たちの目も死んではいませんでした。

強引に仕掛け襲いかかっていきましたが、焦りもあってうまくはいかずゲームセット。
内容的にもゲームプランとしても完敗でした。

昨日のゲームに限って言えば、多くの選手が消えていたようなゲームでした。
いわゆる浮いたポジションを取ることが少なく、パスコースが少ない、プレーの選択肢が少ない形で、相手からすれば読みやすいものだったのではないでしょうか。
もちろんこちらも大宮を分析していますからいろいろポイントを授けて送り出しているはずですけれど、思ったようなプレーができなかった結果ですから仕方がありません。


問題はこの敗戦を次の相手にどう生かしていくか。
そこですよね。


ドゥが1試合休みでバックラインを再構築するわけですが、どうやって対応するのか。
普通にマスを入れる形か、はたまた違うことも考えているのか。
今季左側のCBをしたのはほとんどドゥで、いないときにワタルが1試合(アウェイ横浜戦)でしたが、そこをどうやるのかな。

中盤もジョルジが帰ってきてレアンドロとの共存か。
またボランチの選択もどうなるのか。
キタジが帰ってきて前線の組み合わせは?

まあ楽しみにしておきましょう。



もう切り替え完了!
というか昨日の時点で完了していますが。。。


別線引いてここから7試合、やってやればいいんです!


こんな楽しいシーズン、もっと楽しんでしびれませんとね。




ではまた今週も頑張っていきましょう!


| 柏レイソル | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://katsu.blog2.fc2.com/tb.php/1177-10efcc55

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。