柏強化委員会

流れなんて自分たちでつくるんだよ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

名古屋戦~これから意識していくこと

またしてもおそくなってしまいました。
みなさまなぜかまた暑い日が続いておりますが体調管理に気を配って仕事、応援頑張っていきましょう。

名古屋戦は選手たちの頑張りを始めいろいろな意味でのチーム力を見せた素晴らしい試合だったと思います。

川崎戦もそうですがしっかり考えながら前に進んでいる様は見ている側としてもうれしい限りですよね。
これからも継続できると思える試合でした。

サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村



かなりいい勝ち方で今季の試合の中でも「強い」と言っていい感じもしました。
というか強かったですよね!

では名古屋が弱かったと言うとそういう訳ではなくて、前半の半分以上までは相手ペースで柏は茨田を中心にファールを連発する防戦一方。タッチ数の少ないパス回しに混乱気味でさえありました。

そこへ例のツリオがやってくれた余計なファール。
レアンドロはいい人すぎます。
「彼はわざとやったわけではない…」(byエルゴラ)
レアンドロが言うのだから今回は本当にそうなのかもしれませんが、柏サポーターの多くや他のサポでも彼の悪行は散々見てきましたよね。だからそうは思えないんですよ。
どう見直してもジャンプしてトラップしようとした下からすくってひっくり返そうとしているようにしか見えないんですね。


もっともファールと言うのはあいつに限らず柏の選手も犯します。
他の試合でもファールの無い試合はありません。
それが相手のチャンス、自分のピンチにもなるし精神的に積極的プレーを自ら制限してしまうことにもなります。
だからできるだけファールを少なくしてほしいしどのチームどの選手にもそれを望みたい気持ちもあります。
選手の怪我は対戦相手だからと言って望む気持ちはないし、痛んでいる選手は見ていてつらいです。
だからこそ容易に怪我を予測できるようなファールだけは許せない、そんな気持ちです。


それにしても日立台全体のブーイングはすごかったですよね。


夏場の暑い時期にも変わらず火曜日はフィジカルメニューを欠かさなかった柏。
今回の代表週間でも2日のみの休日で練習再開後もしっかり体をいじめていた。
チームによっては5日も休んだところもあったようですが、疲労回復を優先するか、はたまたさらに鍛えることを優先するかは難しい判断でしょうね。
今柏はケガ人も多くなってきていて紅白戦の人数も足りないのではと思います。
でもケガ人ももうすぐ戻ってきそうだしさらに鍛えていくことを選択した、これって勇気がいる判断ではないかなと感じます。

相手がどういうコンディションかはともかく、自分たちは90分しっかり走りきれることができた、今回のゲームは監督が言う「09年の清水戦がスタンダード」とはまた別の意味での新たな基本となるクオリティになるのではないでしょうか。


レアンドロが負傷交代の後に入った澤はチームの潤滑油としてしっかり機能していました。
また普段はサイドにいがちなジョルジが中へ中へと入ってきて、JAGSでも解説があったように二人がダニルソンの両サイドの小さなスペースに入り込んでいい形でボールをさばいたりできたことでチーム全体のポゼッションをよりよくすることができたし、そこで受けてもらえるのでボランチの二人も前を向いてさばくことができた。
単なる速攻に頼るわけではなく、ボールを保持しながらどうやってスペースを作って空いた所に刺し込んでいくか、メンバーが変わってもブレないコンセプトがあるからではと思います。
それを支えているのは監督をはじめとしたスタッフの皆さんでもあるし、スカウティングの担当者さんがしている分析もかなり的確なのは言うまでもないでしょう。

11091001.jpg


もちろん名古屋が永井や金崎などではなく吉村あたりを入れてしっかり中盤を整備しなおしてきて、それからスピードある彼らを投入だったらもう少し違う展開にもなったと思いますが、そういう交代は同点やビハインドではあまりしませんよね。
Jリーグでもネルシーニョ監督と鹿島のオリベイラ監督当りくらいかもしれません。
先日の川崎戦での大谷と澤の投入などはそんな感じですかね。
まあこれも見ている側は結果論でしか言えないけれど、やみくもに前を増やしても得点が取れないのはよく見かける風景だと思います。
前線を増やし過ぎて自らスペースをつぶした名古屋にあの夜勝機は無かったのだと思います。



これで一つ順位が上がりました。
シーズン序盤は「順位は途中経過」と私自身も言ってきましたが、もう残り試合3分の1を切って順位は大きく意識する必要があると思います。
また優勝も可能性がある限りしっかり意識して追い求めていくこともこの時期になれば当然ですよね。

ミーティングでも監督は頻繁にそのあたりを意識させるよう選手に説いていると聞きます。
タイトルに絡んだ選手は今の柏には数えるほどしかいません。
でも全員が何かを勝ち取るときって誰かが「ちょっと難しくね?」なんて言っていたら何も起こせないし起こらない。
「いっちょやってやろうぜ!」
くらいでちょうどいいんじゃないですかね。

最も今の柏はノリだけじゃなくてもっと緻密にいろいろ考えているでしょうけど(笑)



上位チームはみんな強いです。

攻撃力のガンバ。
守備力の横浜。
個人で打開できる名古屋。

それほど取りこぼしは期待できません。
上の3チームは巴線で直接対決があります。
上位4チームの対戦の中で、柏はガンバに勝てなかったものの3勝2敗1分。
逆にガンバは3勝1分。
名古屋、横浜は勝利がありません。
この上位対決プラス全チームが対戦を残しているのが鹿島。
ここで取り残されたチームが脱落です。

では柏のストロングポイントは何だろう。。。

言うまでもありません。

「一体感」

ですよね!


ホームではこれで7連勝ですがアウェイでは厳しいゲームが続いています。
今週末の相手は川崎を切り捨てて葬った神戸。
堅い守備とスピードある攻撃、また戦術眼や決定力に優れる吉田がチームをけん引しています。
また一週間新たな戦いのためにしっかりとした準備をしていくと言うことです。


11091002.jpg


一戦一戦決勝戦の気持ちで勝ち抜いていくのは大変ですが、しびれるようなゲームが続くのはサポとしてもうれしいところです。

これからも選手たちが頑張っている姿をしっかり目に焼き付けて、前向きに応援していきましょう!


ではまた。

| 柏レイソル | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://katsu.blog2.fc2.com/tb.php/1175-8bf9e09a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。