柏強化委員会

流れなんて自分たちでつくるんだよ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

拳拳服膺~横浜戦

110806181701.jpg

土曜日は複雑な思いをそれぞれが持ったまま試合が行われました。
横浜との2度目の対戦は柏が前回同様2-0での勝利。
結果はともかく、両チームとも選手たちはピッチでよく戦ったと思います。


サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村



110806183201.jpg

横浜の全選手が3番のユニを来てアップに入りました。
最初、GKが来たときに気がついたんだけど、まさか全員がとは。
昨年末で退団してしまったのだけど、長年一緒に戦ってきた松田選手へのリスペクト、また哀悼の思いを胸に粛々とアップに励んでいました。

横浜のゴール裏も強い思いで彼をコールし、気持ちのこもっているのを感じさせました。


ただ、試合前は友好的だったとしても、試合に入ってからの「相手をなぎ倒す」ような「威圧感」は全く感じられませんでした。



横浜の選手たちの一部、特に松本までいくどとなく通った選手はコンディションがあまり良くないのは明白で、下げるパスばかりで怖さを感じさせません。
対する柏は、全力を尽くすことこそ松田選手へのまた横浜イレブンへの敬意だと身をもってあらわすように横浜ゴールへ向かって牙をむいていきます。

だからと言って一方的な内容ではなく、一進一退の攻防。
一つのミスが一気に試合を動かすことになります。

横浜のビルドアップのパスミスから一旦キタジが奪い左へスルーパス。
相手にあたってしまうもののすかさず兵働がダイレでレアンドロにつなぎワントラップしてグラウンダ―の早い弾道が飯倉の手を掠めてゴールに突き刺さりました。

試合に入ってしまえば応援しているこちらも戦う相手を倒すために柏の選手に声援で後押しします。
前半の早い先制点は明らかにゲームを違うものにしていきます。

柏は質の高いカウンターを狙うために、ある程度は横浜にボールを持たせます。
CBには序盤ほどプレスに行かず中盤に入ってから縦を切ってパスコースを消し時間をかけさせました。
持たされた横浜は前線の選手の動きも今一つ少なくて楔もあまり入らず、長いフィードも単発に。
セカンドを奪った柏はクロスまたはシュートまで狙っていく展開に。

それでも徐々にふっきれたのか横浜もシュートまで行くことに。
しかし多くは力なく桐畑の正面に。
前半は柏の思う展開で終了。
後半に向かいます。

110806184801.jpg

ハーフタイムにアウェイ側に行って、やさしくいじられてご満悦で帰る王子。
おイタはそのくらいにしておきなさい(笑)



後半は早いうちにキムを入れてきましたが、球際では柏がやや有利な展開に。
ここで狙っていた質の高いカウンターが発動し栗沢の飛び出しからレアンドロ、早いスルーパスにジョルジが抜け出して左足で気持ちいいシュートを決めました。

中村のFKが後半半ばと終了間際にきわどいものもあり、大黒への対応でやや危ない場面もありましたが、決められたシュートシーンでも大黒はオンサイドだったけどその前に競った中澤がどうやらオフサイドのようでゴールとはならず、またアーリア、栗原、キムとあげたパワープレーも何とか防いで柏が逃げ切りました。


110806205702.jpg

選手たちは勝利できた喜びをかみしめるようにバックスタンドへあいさつに。
喜びを爆発…と言うよりは安堵と言う感じでしょうか。

勝敗を分けたカギは言うまでもありませんが、横浜の選手たちはそれを言い訳にはしないし我々も十分な準備と気迫で相手を上回ったと思うのが一番なのではないでしょうか。
悲しみをこらえながら選手を送り出した井原コーチ。
ブログでもショックを吐露していたキタジ。
柏の他の選手たちもいろいろな思いを持っていたはずです…

お互い真摯に戦い、この日に限っては柏は横浜を上回った、そういうことなんだと思います。
いろいろな困難があって大変な数日間だったと思います。
しかしピッチに入れば相手を倒し勝ち点3を奪うために最大限努力した両チーム。
柏の選手だけではなく、心の中で横浜の選手たちにも拍手を送りました。


「ふ~ん、柏も少しは強くなったじゃん」

そう言ってもらえたかな。

黄色は嫌いかもしれないけれど(笑)横浜だけでなく他のチームの選手たちも見守っていてください。



拳拳服膺
けんけんふくよう

人の教えを心の内に大切にしまっておいて、どんな時も忘れずに守り従うこと。



「サッカー小僧」松田直樹を忘れない。
他サポでも彼の熱さを記憶にしっかりと銘記して忘れません。
絶対にね。






混戦の渦中にとどまることができました。
また週末に向けて準備が始まっています。

TMでゴールを奪いまくったリョウヘイなど、他の選手もスタメンを奪うために必死の戦いがチーム内で再開しました。

プロである以上競争は激しく序列も当たり前です。
それをひっくり返すのはチーム内でもリーグ戦で相手との順位でも同じ。
激しく真摯に戦う、それが相手への最大のリスペクトだと思います。



これからもがんばっていきましょう。




| 柏レイソル | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://katsu.blog2.fc2.com/tb.php/1169-a25f4043

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。