柏強化委員会

流れなんて自分たちでつくるんだよ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

刎頸之友~仙台戦

先週末の仙台戦は激しい攻防、というか互いに激しい守備を持ち味に戦った試合となりました。

双方ともに少ない決定機。
相手の良さを出させない、しかし決してつまらない試合ではありませんでした。

そんな試合で勝利し勝ち点3を得たのは柏。
ナビスコ1STLEGのリベンジを果たすとともに今後に期待を抱かせるきっかけになりそうな試合でした。
サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村




仙台のこれまでの強さを考えてみました。
今、Jでも一番体を張った守備をしています。
被シュート数もかなり少なく当然その結果失点も少ない。
ロースコアの戦いに持ち込み粘り強く勝つ、負けそうでも引き分ける。
やろうとするプランは明確なんでしょうね。

面白いとかどうかは個人の主観でどうにでも変わります。
私は結果重視なので勝利の瞬間を見ることで満足感を得ます。
華麗なパスまわしがあれば勝敗は二の次と言う方もいるかもしれないし、縦に速い攻撃ばかりを要求する人もいます。人によって面白いサッカーとはそれぞれ違う。
仙台の場合はやはり結果を出す、そのために自分たちがやらねばならぬことを監督を中心にハッキリさせているんですね、多分。

今のリーグ戦においては、ある程度フィジカルのぶつかり合いに関していわゆる流し気味になっているのは皆さんも感じていることでしょう。
なんでも笛で止めてしまうよりも、選手たちも見ているサポーターも集中を切らすことのできない、休む間がない展開を生み出すにはプレーが流れ継続していくことが必要になってきます。
その中で仙台が結果を出してきているのは、激しい当たり合いから逃げず正面からぶつかっていったからだと感じます。
某監督が「ラグビーのようだ」と言ったとしてもそれは関係なく、ルールに則した戦い方にマッチしているのであれば別に問題は無いのですから。

特にCBのチョとボランチの角田がそのあたりにはめっぽう強く、相手選手の侵入を遮断し続けてきたわけですよね。柏はサイドの主導権を握ることができたけれども中央を崩せなかったナビスコの対戦から一つ学んだのは言うまでもありません。
あえて堅く閉ざされた中央を攻略するために、また破たんしてきた守備の再構築のために日本人選手でスタメンを構築したのでした。

正直どちらに転んでも不思議の無い展開で、前半については決定機は仙台にありかなと言う感じに。
柏も両SBが積極的に攻撃に絡み、特にワタルがかなりハイペースで飛ばして行ったのが印象的でした。

セレッソ戦ではパスの精度を欠き、奪われてからのカウンターに沈みました。
さらに中央の守備に強い仙台相手にどれだけ縦のくさびを入れられるか、かなり重要な要素だったと思いますしまたハイボールの競り合いからのセカンドをどちらが支配できるかも試合の行方に大きな影響があったと思います。

そのあたりの結果だけ拾うと、柏のFW陣は全部勝てたわけではないけれどかなり競れていたと思うし、DF陣は対赤嶺に関して言えばかなり抑えられたと思います。
中盤ではリャンが前線から最終ラインのビルドアップまでこなしかなり動き回っていたとともにその時に角田や富田が中盤の浮いたいいポジションを取っていて「あそこに入れられたくないな」と思っていたところ、柏の前線もうまくコースを切っていて消していたし、逆に仙台も柏の「縦」を消すように工夫はしていたんだと思います。
そのため拮抗した形になったし、仙台の決定機は柏のミスをうまく取り込んで付け込んだ形から効率よいフィニッシュと危ない場面をなんとか防いだ感じになりました。

仙台のDFラインは次郎がうまく仕切っていてなかなか裏を取れませんでしたね。
時には4トップのようになって裏を狙った柏でしたが徐々に多少のギャップを各選手が意識したためにボールはまわせるようになりました。ただ早いカウンターはやらせてもらえませんでしたね。
でもこの日久々にスタメンだった澤が味のあるプレーで仙台の守備陣を崩していきます。

柏は澤と兵働、それにキタジがある程度持てるようになり、それでもまあキタジのところを激しくつぶしに来たんですけど、マイボールにする回数はかなり多くなりました。
またタニ、クリのボランチには時間の経過とともにプレスが緩くなってきたのは明白で、柏の選手たちはきっとそれに気が付いていたんだと思います。

激しい肉弾戦が限りなく続いて双方かなり疲弊してきた最後の方で、右サイドの水野と酒井の方から何度かチャンスが生まれます。
水野の右サイド起用は山形戦以来だった気がしますけど、持って行ってスペースがあると何かやってくれそうでわくわくしますよね。ようやく本来のトップフォームを発揮するのに近づいてきたのではないでしょうか。

得点シーンについてはVTRを何度も見ればそれで解説いりません(笑)

お見合いの仙台の選手たちからボールを奪ったキタジから展開し、水野→酒井とつないでその向こうにはクリがオーバーラップ。ニアにジュンヤが入ってさっき中央で奪ったキタジがもうゴール前に、さらに大外には澤がいてゴール前は同数かやや有利な展開。スピードある素晴らしいクロスが選んだ場所は大外。
そこに力を振り絞ってヘッドでたたきつけた澤のシュートがゴールに突き刺さりました。









1107091.jpg

勝ったチームも負けたチームもしばらく立てなかった選手、呆然とする選手もいました。
激しく喜ぶ選手、特にマスね。目の前で爆発させてました。
遠くではキタジが呆然と。
仙台の何選手かは出しつくした感じであおむけに。
柏が勝ったから個人的にはもう大喜びなのは事実なんですけど、なんだろういいゲームだったと思うんですよね。
こういう試合で勝ちきることができるのが今年の一番成長した部分。
もちろんこんな勝ち方ってそんないつもできるわけではないけど、目の前で見せられれば納得なんですよ。
強いとか弱いじゃなくて「地力がついてるんだな」って。






刎頸之友
ふんけいのとも

首を切られても悔いのないほどに生死を共にする親しい友人、また友情のこと。



首を切ったら死んでしまうから切れないけれど(爆)澤のゴール後のダッシュ→ベンチ選手へダイビングを見て、さらには自分を含めた各選手への気持ちを表したコメントなんか読むと、今柏にいる選手ってみんないい奴ばっかりだなって感じるんですよね。
試合に出るだけでも大変だしベンチに入るのも大変な状況で、全員が一つの勝利にこだわって同じ方を向き続けるのって本当に大変なことだと思います。
これは仙台にも言えることで、サポーターがしっかり後押しして選手たちが結果にこだわって一体になって戦ってる。あの応援を聞いてると一体感バッチリで逆に「絶対に負けたくない」なんてムキになってしまう素晴らしい応援、敵ながらね。
まあ当然そんないい雰囲気の熱い試合を邪魔するバカ者(ヤジラー)も存在するのですけど、そんな奴を吹き消してしまう試合になったと感じました。

選手たちが仲間を大切にしてサポーターも大切にしてくれるのだから、我々も選手の気持ちを大切にして応援していかなくてはと再確認したわけです。もっとも確認する必要なくし続けなければならないですしね。


スタンドで観戦しているとけっこう涼しい風が入ってきて思ったよりも快適ではあったけれど、ピッチ上では80%の湿度の中で激しいバトル。
流し気味に選手を戦わせた主審も決して悪くは無かったと思います。
多少判定基準が違うとかは言いたい人は言うかもしれないけど、またN主審にはいろいろ過去にはあったけれど(苦笑)土曜日に関してはおおむねいいジャッジだったと思いますよ。
かなり消耗した選手たちとともに、審判団のみなさんもお疲れさまでした。




さてさてもう水曜日は広島戦か。。。

お調子者が初めて敵として来るわけですね。
まあ相手は一人じゃなくって広島の選手全員ですから。
しっかり叩いて目の前の勝利を得るだけです。


頑張っていきましょう!!!


1107093.jpg

| 柏レイソル | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://katsu.blog2.fc2.com/tb.php/1165-f9dd5d0d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。