柏強化委員会

流れなんて自分たちでつくるんだよ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

披荊斬棘~富山戦

厳しい試合となりましたね。
集中力も運ももはやこれまで?とも思えるできの悪さでしたが(苦笑)奇跡の逆転勝ち。
もっと真摯に戦えと言う天からの知らせなんですよ。

100%じゃダメなんです。
200%で戦わないとね。

サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村



日ごろから相手をしっかり研究し、一つ一つ大事に戦っている今季の柏ですが、同じことを実直に繰り返し自分たちのスタイルを作っていく中で手ごたえを感じながらもどこかで「これでいい」という確信があり、それをちょっと方向性の違う方に勘違いしてしまったのがこの試合だったのではないでしょうか。

分かりにくいですね(笑)

やってきたことは間違いないんだけど、それをもちろん続けていけばいいんだけど、それだけではダメなんだってことを少し忘れてしまったのではないかなと。
サッカーは当然相手がいるわけで、相手も様々なやり方で柏をつぶそうとしてくるわけです。
「いつも通りやればいい」
そうなんだけど、いつも通りと言うわけにはいかなかった。試合前に懸念していた通りになってしまったということです。

試合の90%は富山のものでした。
1-0で押し切るために富山に必要だったのはなんだったのでしょうか。
その辺は富山のサポーターの方にまかせるとして(爆)
では柏はどうして逆転できたのか。
楚輪監督に少しの勇気があったらうちが負けていたかもしれません。
もし0-0のまま終盤を迎えたらそのままドローだったかもしれません、いやそうだったでしょう。
1点が入り、また追加点を菅野が阻止したことで「スイッチ」が入ったのでしょう。
こういう完全な負け試合をものにできたことは多くの反省点を得るとともに自らの慢心に気づくことができるいい機会になりました。
もっとも、負けていたら一気に瓦解ということもあり得る怖いものでもありますが(苦笑)

DFラインの裏のスペースを消されてしまったのに無理にそこを突いていこうとして網にかかったあたりは98年ころの国立でうちが鹿島にやった戦い方に似ているなと。飛び出すスペースを限定されてしまいシュートまで至ることはほとんどなし。逆に広大な柏DF裏にできたスペースを自由に使われ始めたころから先制される予感も漂う展開。ボールを回させられていただけでしたね。

失点に関しては仕方のないところですね。責められません。
苔口の突破を水際で先に体を入れて止めた結果出した足があたってしまった。。。そのままサイドに追い込んでしまえばシュートまで打たれることは無かったとも思えますがあそこではそれを要求はできないかな…。
そういう嵌ったカウンターのシーンをやすやすと作られことを反省するほかありません。

後ろの選手が、とくにパクドンあたりが妙にイライラしていて安定感に欠けた所は今季の柏らしからぬ部分でしたね。ほんのちょっとのところかもしれないけれど、相手に付け入るすきを与えてしまったのです。

攻撃面ではいい仕事はほとんどありませんでした。
くさびのパスが全くと言っていいほどなくて、富山のDFが左右均等にキレイなラインを敷き、柏のパスコースを限定、分断していました。中央に縦パスが時折入らないとDFも寄ってこないしサイドにスペースもできません。サイドに起点を作りたくてもサイドオンリーではライン際に追い込まれて狭いサッカーになってしまいます。
どうやって中央で起点を作りまたサイドに振ったりと相手の目線をぶれさせることができるか、できてる試合はしっかり勝っているわけですから今一度みんなで確認、練習していくことだと思います。


披荊斬棘
ひけいざんきょく

とげのあるいばらの道を切り開いて進んでいくこと。
つまりは困難を克服しながら前に進んでいくこと。


ホームでは黄色い声援が選手を後押しします。
しかしアウェイの下位チームとの対戦。
岡山戦あたりでもこういう展開になるかもしれません。
相手が「良さ」を消しに来る時、それを承知で打ち破る術を鍛えなければならないということです。



無敗が継続されていますけど、だから何?と言う感じです。
そりゃ一つも負けてないのは誇るべきだし、これからもずっとこの調子で行ってほしいです。
でも本当に一戦必勝なので「勝ち点3をどう取るか」だけを追求する姿勢だけはそのままでお願いします。


「勝」に慣れてやるべきことを忘れてはいけません。

いつも通りなんていうのは本来無くて、局面や相手は常に変わります。
やるべきことを200%でやる。
そうでないと柏を潰す!と300%で来る相手にやられます。
矛盾してますね、ハイ(笑)

相手を食いつくすライオンにでも、丸飲みにしてしまう大蛇にでも何でもならなければなりません。



「やるかやられるかだ!」


過去にキャプテンマークを巻いたホン・ミョンボ氏の言葉です。
99~2000年ころ言っていたようですね。

結果が出ているからこその安心感とか、なんとなくよかったとかの気持ちは試合が終わった数分間でおしまい。
次の獲物(勝ち点3)を奪い取るためにプロとして生きるだけですよ!




昨夜韓国ってプロ集団と日本ってプロアマ混合チームの試合がありましたね。
代表に疑問だらけな私でも今回は少しは応援しているんですが…
エース番号が「流れに乗れなかった」なんてボケな事を言ってるチームにはなりたくないので、ぜひ柏のみなさんはW杯とJ2と天と地の差があるところではありますが気持ちのこもったいいゲームを見せてくださるよう応援していく所存でございますよ(笑)




「流れなんて自分で作るんだよ」







ではまた。

| 柏レイソル | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://katsu.blog2.fc2.com/tb.php/1086-d79bc91e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。