柏強化委員会

流れなんて自分たちでつくるんだよ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

厥角稽首~愛媛戦

100502_2.jpg
厳しい試合になるとは思いましたがこれほどとはね(苦笑)
昨日は日立台にて愛媛戦でありました。


サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村



100502_1.jpg
こんどそちらにお邪魔する時までには照明がちゃんと点くようにしておいてください。。。って私が行けるかどうかは分かりませんが。柏ゴール裏からのネタにお答えいただけたのは何よりでした(笑)
遠くからのご来場ありがとうございました。


試合のほうですが、予想以上に厳しい展開となりました。
うちのボランチにボールを入れさせないようにしてくるのは各チームやってきていましたが、SBにもふたをしてきてパスコースを徹底的に寸断してきましたね。
それでなおかつラインを程よく高くとりコンパクトな陣形を崩さずこちらに隙を与えないようなやり方をしてきて、そんな風にされちゃうと他のチームの参考になっちゃうじゃないですかと突っ込みたくもなってきた次第です。

開始早々はロングボールを出さざるを得ない展開で苦し紛れだった感じの柏でしたが、徐々にボールがつながり始めました。
レアンドロのところにも徹底マークがついていましたが、右サイドを中心に地上戦を挑みます。
特に祐三が素晴らしいバランスとテクニックを駆使し場内を沸かせましたね。いいクロスも上げていってあわやゴールかと言うシーンを演出します。
工藤のヘッドもすごく惜しかったですよね。

前半も半ばを過ぎてきて少しずつですがペースをつかみだした頃チャンスは訪れました。

ワタルのところでちょっと愛媛ラインにギャップができたところで澤が絶妙のタイミングで抜け出します。
ワタルのパスは優しいものだったけど、ゴールラインまでの距離から考えたらクロスを上げきるのは厳しいかと目の前のプレーに注目しましたがしっかりと中を確認した澤はややマイナス気味にクロスを入れます。
工藤が突っ込んでできたわずかなスペースに後ろから来たジュンヤがハーフバウンドで素晴らしい弾丸ボレーをたたき込みました。
最初のパスからクロス、シュートまでよどみなく迷いないプレーに、また素晴らしいシュートに周りは総立ちで大喜び!ああいう決まり方だと本当に気分がいいしまた盛り上がりますよね。

これで一気に…と思いましたがそこで愛媛の組織的な守備がほころんだりはしませんでした。
自分たちの時間帯でなくてもしっかりやるべきことを遂行することは忘れていませんでしたね。


後半に入って少し状況が変わります。
愛媛は4-3-3というかうちのSBが高い位置をとるので4-5-1のような感じでしたが2トップであとしっかりと2ラインを形成し、柏の攻撃を無力化しようと企ててきました。
これが功を奏したのか福田のところでしっかりとボールが収まるようになり、フォローの選手も飛び出していけるようになってきて柏にとってはいい時間があまりなくなってきました。

それでも左サイドを破ったワタルからジュンヤへ折り返しがあって、やった!とおもったところシュートはバーの上に。。。もうしばらくして決まったジュンヤの右足ボレー、おおっと工藤のところでライン外ですか…むねんでありました。

でも柏の見せ場はあまりなくて、愛媛の攻勢が強まりました。
サイドを大きく使って揺さぶってきて、ボールを奪うポイントが定められなくなってきました。
また仮に奪ったとしても前線で、サイドで起点がほとんど作れずボールをロストしてしまいます。
危ないシュートを2発撃たれるものの、菅野が落ち着いた対応でゴールを許しません。
他にも正直トラップが流れたりで助かったシーンがいくつかありました。相手のミスで失点につながらなかっただけで、こちらはちょっとミスが多くて試合を落ち着けることが後半はできなかった気がします。

しかしそれでも、最後のところはしっかりと体を張った守備はできていて失点は許しませんでしたね。
本当に最後のカウンターで澤のシュートはぜひにも決まってほしかったですが…えてしてああ言うのが決まらないこともあります。澤自身も残念だったでしょうし、私も彼のガンバリはものすごく伝わってくるので決まってほしかったですけど、次に期待しますよ。

前半に取れたジュンヤのゴールをしっかり守りきり何とか勝ち点3を奪うことができました。

100502_3.jpg


何しろ期待していたジュンヤのゴールには嬉しい限りです。
彼も、もちろん他の選手もみんな懸命に練習に取り組んではいますけれど、真面目に一歩一歩あん馬っている姿には頭が下がります。
近くで見ると本当にガタイのいい、頑丈そうな体をしていますよね(笑)
先日の鳥栖戦でもそうですけど、あたり負けない強さは今後ますます期待ができると思います。
ボールを取られても即切り替えて奪い返しに行く、それで実際奪い返したプレーもありました。簡単にはあきらめない気持、工藤もそうですけど柏の誰しもが同じ気持ちで臨んでいるんだと思いますね。

祐三が素晴らしいプレーを連発していましたが、無念の途中交代。
帰りにバックスタンドの女性が「失敗はさぁ~祐三を交代しちゃったことなんだよね~」とすごくでかい声で誰かに電話していましたが、勝利したのに何が失敗だったんだか意味がわかりませんが(苦笑)、また明らかに目の前で足をかばって歩いてきたのを見ていなかったのかなと。幸いあの様子なら軽傷だとは思いますが、もうちょっとデリカシーを持っていただきたいなと(笑)思わず耳元で「怪我で交代だよ。。。」って言ってやりたくなりましたが、やめときました(爆)


大津もちょっと長引きそうで、工藤やジュンヤにはちょっと過剰かもしれないけれど大きな期待をかけずには居られません。
彼らが前線でどれだけ頑張れるかが次もその次もそしてずっと先も柏は上に登っていくためには必要なことなんですから。
もちろん今日の練習試合でゴールしたキタジやミノルも黙ってはいないでしょうし、林もこのまま引き下がっているわけはありません。
バック陣も古賀が戻ってこれそうだしクラも頑張っていますよね。


菅野が何時も言うように「楽な試合は一つもない」わけで、全員が同じベクトルを持って進んでいかなくては先に行けません。



厥角稽首(けっかくけいしゅ)

相手に再敬礼すること。
「厥」は下げること。「角」はつのまたは人の頭骨。


組織をしっかり作り全員サッカーで柏をつぶしにきた愛媛イレブンに、今一度自分たちが何に、どこにチャレンジしていくのか教えてもらったと解釈するべきではないでしょうか。
それも中2日で関東にアウェイという強行軍で、こちらの方が押されてしまった勝負根性にまだまだ我々に足りないものがたくさんあると教えられた気がします。
自分たちのプレーを出せないときにしっかり我慢して試合をものにできたことはとてもよかったと思います。
でももっと自分たちの時間を増やすため、自分のプレーの良さを最大限発揮するためには個人もチームももっと強くならなければなりません。
プラスアルファが出せるチームになるために、課題は相変わらず満載です(笑)



早くも中2日で甲府戦ですね。

山梨は私にとって第二の故郷。
より厳しい戦いになるでしょうが、勝たなくてはなりません。

魔境攻略の方法はあるのか…
選手や監督になったつもりで一晩考えます(笑)


次もみんなで頑張って勝ち点3勝ち取りましょう!





ではまた。






*追記
そう言えば昨日特派員Wが「某赤いチームのGM」さんらしき人を見かけたって言うんですけれど。誰か欲しい選手がいるのかな。この人数年前も日立台に着た後にうちの某選手が移籍した経緯もありますし。夏のマーケットで動きがないことを祈っております(爆)

| 柏レイソル | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://katsu.blog2.fc2.com/tb.php/1077-0e63ee4e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。