柏強化委員会

流れなんて自分たちでつくるんだよ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

肩摩轂撃~水戸戦


PHOTO010.jpg


あっという間に2日経ってしまいました。
あれれという感じですけど振り返っておかなければいけません。

桜はキレイでしたがものすごく寒くって、たった2日でこんなに違うとは。。。

ではいってみましょう!
サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村



PHOTO011.jpg
レイくんもこれだけ派手にしてきましたが、ゴール裏からは「お前!もっと派手にして来いよ!」とダメだし(笑)
やっぱりさ、ピンクは似合わないんじゃないのかな。。。


試合のほうですが、この奪い取った勝利をどう評価するかですね。

攻め込みながらたったの1点かよ…

攻め続けてよく奪った1点。

どう思うかです。


私は当然後者。
攻めることを続けて、何度も何度も続けた結果奪えた得点、そしてそれで得ることのできた勝ち点3だと考えます。

ネルシーニョ監督は「ご褒美」とたとえましたが、それは選手たちのガンバリをたたえると言う意味だと思います。
前半の戦いぶりを見ながら何時もよりは試合の入り方も改善されていると感じたし、正直申し訳ないですけれど水戸の攻撃陣のアタックはそれほど想像していたよりも迫力はありませんでした。前線を入れ替えたことで少し連携が足りなかったようで、こちらが大きなミスさえしなければ失点することは無いように感じられました。

ただし、守備力はあいかわらずかなり固くて、ペナ内や付近に侵入してもなかなか充分な体勢でシュートを打たしてはもらえません。
柏の若い2トップも積極的にゴールを目指しますが最後のところでは間にDFが割って入り、またGKの本間が立ちはだかりました。

今季柏はまだセットプレーによるゴールがありません。
でもこの日もかなり惜しいシーンがいくつかありました。
前半は押し込みながらもゴールを割れず終盤に。

ここで大和田が退場になります。
あのシーンは澤が削られた段階でボールは柏につながりプレーオンでもいいのではとも思いましたが、あそこでカードを出さないと大和田が自陣の守備に戻ってしまうと言うことで止めたのだろうと思います。
もし黄色だったらその前のプレーでドゥが倒されたシーンでプレーオンになっていますから同様にするだろうし、出すなら赤以外ないんですけどね。

ということで澤には幸い大きなけがもなく、大和田も激しいプレーが身上の選手ですからちょっと気の毒ではありますが退場に。
後半は11人対10人となります。


選手たちが言っているように、いやすでにゴール裏も分かっているように、というか現場のみんなもTV応援の人も分かっているように、相手に退場者が出たから圧倒的有利とは限らない、簡単にはいかないということをやはり確認させられたという試合展開になりましたね。


肩摩轂撃(けんまこくげき)
行きかう人々の肩と肩がぶつかり、車の轂(こしき)がぶつかりあうので、道路に行き来する人や車が多くて大変混雑している様子。


ゴールの前に低い位置で2ラインを敷き、1トップを起点にカウンターを狙う。とにかく失点しないように守りながら少ない反撃の機会を狙うという「割り切った方針」を鮮明に打ち出さざるを得ない、しかしながら自分たちのできること、もともとチームカラーとしても堅守のイメージもありかえって厄介なことになったと思いました。

ゴールそばまでボールを運ぶことはできますが、そこには人がたくさん出スペースもほとんどなくなかなか突破できないもどかしい展開に。
だからこそ試合前にいつも言う「サイドからの崩し」を多用してほしいところでしたが、う~んどうですかね。
感じ方は見る人によってもまちまちですが、私はもっと横からクロスを入れてほしいし足りないと思いました。

ネル監督はどう思っていたのでしょうか。
相手が一人少なくなって前線を増やしたくなるところですが監督の考えは違っていたようですね。
林を下げて大津を入れ、そのまま2トップとおもいきや左サイドに持って言って4-2-3-1にしてきました。
私の私見ですが、たぶん真ん中にDFが集中していたし中央だけでは崩しきれないのでサイドの人数を増やしてSBと連携し間を広げていこうとしたのかなと思います。

手は尽くしましたしサイドからの攻撃も増えましたが、なかなかこじ開けるには至りません。
時間も無くなってまずい雰囲気になりそうだった時、あの「持っている」と自分で言っちゃう男がやってくれましたね(笑)

まだ正直昨年のようなキレのあるドリブルは少ないですし、ボールの収まりも今一つに見える大津でしたが、フィジカルの強さはちょっと別格、また終盤惜しいシュートや飛び込みも見せていたのでもしかしたらとスタジアム全体も彼の「持ってる何か」に期待していたかもしれません。

結果を出すのって簡単なようで難しい。
よく決めてくれたと思います。

PHOTO012.jpg
後ろの選手は前を信じてしっかり守ってくれたと思います。
前の選手は後ろが押さえてくれると信じて思うがまま攻めればいいんです。
要所はお互いの意思疎通を明確にし全体で守り全体で攻める。
柏には絶対的ストライカーはいないけれど、全員が絶対に負けないという気持ちを持っている。
そう思いませんか?

PHOTO014.jpg
「大津~オレと勝負しろ~」
大爆笑でしたね。
ゴール裏にはいつも頭が下がります。。。
これからもみんなでおバカになっていきましょう。

パクドンが酒井をかわいがっていて頭をバシバシしていたのが印象的でした(笑)






ゴールを沢山奪って勝つのが理想的ではありますが、それがなかなかできないのが現状です。
しかし、ゴールを奪いたいのであれば、沢山のチャンスを演出することが必要です。
25本のシュートで1点しか取れないのであれば、極論ですが50本でも100本でもシュートを打つ、また打てるような場面を何度も繰り返し作り出すことです。

得点も失点も少ない柏ですが、シュート数はJ2で一番多いです。たぶん(笑)
あとは決めきるところを何とかしていけばいいんです。
それはもう練習あるのみ。
日々の時間を無駄にせず努力を積み重ねていくことしかありません。

昨日の練習試合もそう言う気持ちが表れているのか猛爆でしたね。
クロスに飛び込むニアジ(笑)見たかったです。




練習でできないことは試合でもできません。
来週に向けてまた明日から頑張ってほしいと思います。


寒い中観戦したみなさんお疲れさまでした。
私たちもまた頑張って応援していきましょう!





ではまたね。

| 柏レイソル | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://katsu.blog2.fc2.com/tb.php/1064-ce14fbc4

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。