柏強化委員会

流れなんて自分たちでつくるんだよ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

攀竜附鳳~手繰り寄せた勝ち点3

game.jpg

開幕戦の前日にプレビューを書こうと思ったのですけど、疲労困憊で寝てしまいました(笑)

昨日は雨が降っていて寒かったですね。
開幕戦、この目で見てきました。
サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村



開幕戦の相手は大分。
日曜日にもかかわらず思ったよりたくさんのサポが来襲しアウェイチームをサポートします。
方や我々の方はと言うと天候もあって残念な入場者数。。。後回しにしますが席種や金額、スタジアム自体の問題は山積しています。熊本VS千葉でも9000人オーバーですからさみしいですね…。

でも熱い奴らが集まって柏をサポートするから。


新市長が独り舞台でスタジアムを盛り上げました。
う~んスーパーです!
確実に市長の意思表示と勝手に考える私ですが(笑)どうぞ柏レイソルをこれからもよろしくご支援ください。



試合に関しては正直どちらに転んでもおかしくは無かったと思います。
前半は大分が果敢にアタックしてきて、切れのいい攻めを見せていました。
アルセウのFKまで柏はシュート無し。
それ以降は少し流れを生み出すことができましたが、他にも決定気を幾つか作られ危ないシーンもありました。
DF陣の体を張った守備、菅野の落ち着いたセーブで失点はせず、逆にサイドを起点に好機をものにしましたね。

得点シーンのジュンヤ→フランサ→ジュンヤの近くでのつなぎから大きく右サイドのムラへ「先輩頼むぜ!」と言わんばかりのサイドチェンジ。
相手DFが振られてマークに行き切れなかった瞬間にグラウンダーの速いクロスを入れます。
ニアには澤がマークを引っ張って飛び込みここではシュートに至りませんでしたがその向こう側に相手を振り切ってフリーのフランサが楽々とゴールをゲットしました。
一連の流れは非常にスムーズで、得点ってこういう風な時生まれるものだと感じさせるプレーでしたね。

2点目はバラがクロスを入れて中で二人が飛び込んでいきそのこぼれをあり得ない場所にフランサがたたき込みましたが、あのシーンで相手に当てずにゴールにシュートできると言うのはホントすごいです。後でVでもう一度見ましたけどたぶん目の前のDFに当ててしまうんじゃないかと。難しいシュートでしたがあっさり決めましたね。

どうして2点ともフランサがドフリーになっていたのでしょうか?

ずいぶん前から私は思っていたのですが、というか言ってもおりましたが、フランサにいかにシュートを打たせるか、またはフランサを経由せずにどうやって攻撃の形を作るかという部分が昨年の終盤くらいから少しずつできつつあるのかなと。
「そんなわけないよ!現に中盤の構築もフィニッシュも全部フランサいないとダメじゃん!」
そんな声も聞こえてきそうですが(笑)
07年のホーム川崎戦。
相手が主力温存で(ACL)4-0で勝ちましたが、あのときはどの得点にもフランサは絡んでいなかったですね。
あそこまで極端でなくとも「フランサをダミーに」できる部分もあるはずだと思いましたし、昨年の清水戦はいい感じでフランサのゴールも、フランサ以外の絡みによるゴールも生まれてネルシーニョがあの試合を一つの形とこだわるのも分かる気がします。
フランサ以外の選手が相手DFを引き付けて、いや自分自身がゴールを目指して飛び込んで行った時に、フランサ独自のポジショニングレーダーが発動し「いかにフリーになってシュートを打つか」脳内で計算した結果そういう場所にいるのかなと。

分かりにくいですね(苦笑)

普通の選手よりもボールがこぼれてくる予測と言うか判断と言うか、その辺がゴールに近い場所であるほど精密機械のように働くのかなと思います。

フランサは柏にいる限り「パサー」ではなく「ストライカー」でいてほしい、そう思うこのごろです。



澤やジュンヤはたぶん放っておいてもゴールを決めてくれると思っています。
今はフランサが非常にコンディションもよく目立っていますが、彼ら二人が必ずや私たちに喜びをもたらしてくれると信じておりますよ。
昨日もビッグチャンスありましたし期待しています。


アルセウですが、期待通りの中盤での強さを見せた半面、ガス欠したときの弱さも見せてしまいました(笑)
まだコンディションは5~60%くらいですかね。90分はまだきつそうです。
しかしながら大きな展開を作ることにも長けており調子が上がればもっとやれるのは07年を知っている方なら分かると思います。精神的にも落ち着きが見られるし次節に期待しましょう。
失点シーンのミスは…今回は目をつぶります(笑)




チーム全体としては、守備ブロックや球際の強さは見せてくれたと思います。
しかし、ボールを持たされている感からか大事な部分でミスが相次ぎ嫌な奪われ方を何度も繰り返す結果になってしまいました。
失点シーンもそうですが、それ以外にもたくさんありましたよね。
両SBが大きく開いて前に上がった裏のスペースにどんどん放り込まれて、CBが引っ張り出されたら反対側を使われたりとちょっと後手後手になった局面もありましたが、最初4-3-3かなと思ったらいつの間にかジュンヤとバラをサイドに固定した4-4-2みたいな感じに修正し守備でなるべく数的不利にならないよう局面ごとにポジショニングの指示を出していたように私には感じられました。
失点後はだいぶ押し込まれて苦しみましたが柴小屋が入ってかえってターゲット潰しが明確にできたのと菊池が1列前に出てこなくてちょっと助かった感がありました。
韓国人のアタッカー10番と11番はいい選手でしたね。10番のシュートは褒めるしかありませんが、菅野が自身のブログであのシーンに対してどうとらえているか語るのを待ちたいと思います。
大分は選手が多数抜けましたが全然弱くは無いのでJ2でも上位に来るのではと思います。


shiaigo.jpg


攀竜附鳳
はんりょうふほう

竜にしがみつき、鳳凰についていくこと。
優秀な人物にならうことの意です。


妥協を許さない指揮官
今季にかけるベテラン助っ人ストライカー
完ぺきを目指すCB
日本人選手たちがブレークするためには彼らからどれだけ「盗めるか」ではないでしょうか。
決して及第点ではなかった開幕戦ですが、結果は◎です。
引き続き目指すは次の試合の勝ち点3。それだけです。

案外卓越なる戦術眼をいち早く盗むのはバラかもしれませんね。





この試合の結果がチーム内競争に火をつけてまたそれに拍車がかかったのは間違いありません。
キタジも古賀もピッチに立てなかったわけですから。
ベンチに入るのも各選手容易ではありません。

より自分をアピールできて、チームの勝利のために働ける男…
強欲で謙虚な奴がピッチに立てるのかな。

全然まだ仕上がっていない柏イレブンがどう進化していくのか、見守っていきましょう。





ではまた。

| 柏レイソル | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://katsu.blog2.fc2.com/tb.php/1053-78f30798

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。