柏強化委員会

流れなんて自分たちでつくるんだよ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

広島戦の意義

って書こうと思ったんですけど、雄太に言われちゃったので(笑)

とにかく粘り強いことが何よりであって今の柏レイソルのストロングポイント。
これを継続していくことが一番なのです。

サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村



えてして先制した試合って「勝ち点2を落とした」と思いがちです。
確かにあの時間帯までリードを保てたわけですから1-0で終わることができればよかったのは事実ですけれど。
しかしながら前半のピンチの数々を相手のシュートの精度で救われたのは事実。
本来なら0-3でもおかしくはなかったですよね。
ビハインドのはずがタイスコアで折り返すことができたのは、選手たちがあきらめずくらいついた結果だと思うしまた監督がそういうものを短期間で植えつけてくれた成果だと思います。

ここしばらく前半に失点したのは浦和戦くらいでしょうか。
危ない場面はあるもののゴールを許さないのは何がいいからでしょうか。

人は同じ人がプレーしているわけですからやり方が変わったからですよね。
一番感じるのは対人プレーでのことです。
ほんのちょっとの間合いや当たり方、ぬるいか激しいかで相手のプレー精度は大きく変わってきます。それに体をぶつけ合うということは結構体力を消耗します。
私はサッカーを始めるまではどちらかというと個人種目のスポーツばかりやってきたので体を当てるということがどこまでやっていいのか、どういうタイミングで当たるのかがわかりませんでした。サッカーをし始めて最初の違和感はその辺でしたね。
素人サッカーとプロのそれとでは大きく異なるけれど基本的にプロほど厳しい当たり合いせめぎ合いが当然であって、そこができないとか最後まで体力が持たないのでは戦えるわけがないということです。

広島戦はそういう部分や消耗に耐える力などを試された気がします。
以前までの柏レイソルなら終盤がたがたになり大逆転負けをきっしていたことでしょう、いや前半で勝負を決められていたに違いありませんね。

守備の部分も試合ごとにマイナーチェンジをしていると感じます。

ネルシーニョ監督就任後最初のころは低めに設定したラインを敷いてまた2列3列とゾーンを作ってリトリートするところからだったと思います。
ここ2試合は局面ごとにゾーンとマンマークを併用しまたどこからプレスに行くのかも細かく指示しているように感じます。
中でどんな指示が出ているか細部までは分かりませんが、試合中や試合後のコメントなどを聞いているとより具体的にどこをどうするのかがより鮮明に、選手たちにわかりやすく言われているように感じます。

優しさと厳しさ、おおらかさと神経質な部分。
きめ細やかさと大胆さ。
監督の資質って本当に難しく大切なものなんですね。


この試合は結果ドローでしたが、選手たちがまた一つ何かをつかんだと思います。
それを次の試合で生かせるのかがこの試合結果の本当の意義だとも思います。


つかんだ自信とまだ局面で見られる甘さ。
課題を払拭して勝利をつかめるのか、次節に注目していきましょう。



ではまた。

| 柏レイソル | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://katsu.blog2.fc2.com/tb.php/1015-e1cad815

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。