柏強化委員会

流れなんて自分たちでつくるんだよ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

躬行実践

DSCN2327.jpg

今自分にできること。
原点に立ち返って考える、そんな事を思った京都戦でありました。


サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村



雨の中の試合でした。
途中かなり降ってきて帰ってしまう家族連れもいるくらいで見ているほうもきつかったです。
しかし私が今できることは「見届けること」。
最後まで濡れながら試合を見つめていました。


「きゅうこうじっせん」

自らがまず実際に行動してみること。



スタジアムに来て自分ができることを実際にやる。
何ができるかと言えば「応援すること」以外あり得ません。

ゴール裏サポーターのブログサイトで、先日国立でのトラブルについてコメントが発せられていました。ほんのわずかな人数の心無い行動が選手やチームとサポーターの間に亀裂を生じさせてしまうことを05年にいやというくらい味わってきた反省を即座に実践し、チーム、選手側に「自分たちのこと」と同様に謝罪しそれがサポーターの総意でないことも付け加えていましたね。誠意ある行動が選手側にも伝わったようでよかったと思います。
応援と誹謗中傷はまったく違います。
履き違っているわからずやがまだまだ沢山いるのは悲しいことではありますが、バクスタからでもいつも楽しみな我々のゴール裏はこの4年間で「大人の集団」になっているに違いありません。
私は選手たち同様、彼らも応援していきたいと思います。


昔、小学生くらいのときにソフトボールのチームに入っていたことがあるんですけど、野球とかも含めてベンチからヤジが飛ぶんですよね。でもそれって大体が相手チーム、選手に対してで自分のチームメートにやじるなんて聞いたことがありません。
でもサッカーの試合ってそうじゃないことが多いですね(苦笑)。
子供同士の試合でも「走れ~」「がんばれ~」くらいならかわいいものですが「なんで走らないんだ!」「なにやってんだ!」なんて言う親も結構いるんですよ。それであとで子供に「うるさいからもう来ないで!」とか言われちゃうんですよね(笑)。自分ができないことを子供がやってるのに自分はあたかもできるかのような「上から目線」が抜けない、常になんでも親のほうが上だと思ってその思考回路が変えられない人がやたらに多い気がします。

話はそれちゃったけど、日立台に通う中で年々変わっていく「言葉の波」。
昔はゴール裏以外からヤジが飛ぶなんてなかったけど、今はバックスタンドのほうが時にはひどいかもしれません。
大体槍玉にあげられるのはサイドの選手。
昔なら大場とか渡辺光とか最近ならムラなんかが標的になっている。
私に言わせればあんなに何度もサイドを駆け上がって攻めて守ってボールを奪って一番忙しいポジション。終盤になって前にスペースがあれば「GO!」「何やってんだ上がれ!」しまいには「やる気あんのか!」と怒声が。だったら言わせてもらうが「あんた100メートルを3本だけ全力で走ってみろよ」とね。たぶんヤジラーのほとんどが立てなくなるから。私だって自信ないし(笑)。
日立台のように臨場感あるスタジアムはすべての声が聞こえてることを今更ながら自覚してほしい。
柏の選手を野次る暇があるならもっと前向きに応援してもらいたい。私は今後も野次の上にかぶせて前向きな声援を送ります。たまにはヤジラーに野次ってしまうかもしれません。その時はご容赦を。

優しいばかりでと言うつもりはありません。
だらしない敗戦には容赦なくブーイングをすることは必要です。
ただしそれは「次にこいつらを勝たせる」ための叱咤激励です。
それを忘れてはいけないと思います。
「おまえら!もっとやれんだろ!しっかりしろ!」とね。
応援するから次はがんばれ、勝て!」と付け加えることを忘れずに。


試合自体は浩太の退場でまったくゲームが変わってしまい残念なドローになりました。
前半は柏の方がいい攻撃を見せていてつなぐ京都に逆襲の柏と色濃く分かれ互角の戦いであったと感じます。
守備の再構築は試合ごとによくなって安定感が増しました。
危険な場面がなかったわけではないけれどドゥ、パクドンと菅野を中心に「まず自分たちがしなければならないこと」が明確になっていて迷いがなくなっていると思いますね。
攻撃では本当にあと一歩。横浜戦同様前半で決めていればと思えますけどゴール前までのアプローチはシンプルで切り替えの速さから生まれているし難しいことはせず切れが良くなっています。
最後のところは…本当にもうちょっとなんですよ。。。もうちょっとのところを突き破れればなんです!


浦和戦での4ゴールにちょっと驚いた私ですが、やはり1-1とか0-0の中でどこかで1-0で勝てるのか、その辺のせめぎあいになってきました。
1-0とか2-1とかでどこかで3連勝したい。
もちろんまず一つ勝たなければ始まらないんだけど、勝利をつかむところまでもう少しと思える。
ちょっとの偶然の勝利とたくさんの必然の敗北を繰り返していた時とは違う「爆発力」をためているに違いないと前向きに見ています。
ためていると体に悪いので(笑)早く外に出して上にグイグイって上がっていきましょう!

DSCN2328.jpg

残り10試合、この日もドローだったけど簡単にはいかないんだからとっくに腹くくってるけどこの状況を楽しむだけ。
できるだけスタジアムに通って見届ける。
選手たちが生きる道は私たちも歩いているって自覚があるからね。

一緒に歩きたい方は前向きな声援を送りましょう!


ではまた。

| 柏レイソル | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://katsu.blog2.fc2.com/tb.php/1010-7866992d

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。