柏強化委員会

流れなんて自分たちでつくるんだよ

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村

| スポンサー広告 | | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

万人が幸せになれるわけではない

選手の入れ替わりが多い今季。
またひとり他チームに移籍していった。
残念だ。
残念だが決まってしまったことにはどうしようもない。

だから…

サッカー始める人にお勧めのグッズ

にほんブログ村 サッカーブログ 柏レイソルへ
にほんブログ村



たとえば泣いて懇願しようがどうしようが引きとめることもできないし事態が変わることはない。

移籍マーケットが閉じる直前、各チームでせわしなく人が動いた。
出ていく選手に対する違和感や修行と言う意味での期待、レンタル選手ならそんな感じか。
完全での移籍ならなぜこの時期にとかやはり出場機会がとか考えるところだと思う。

チュンソンの移籍を否定するのなら太田の移籍も否定しなければならない。
だから選手個々の事情で移籍することに対して「前向き」であるならばそれは仕方のないことと割り切るだけである。
まあO山みたいに出場機会を求めてとか言ってあとで「あの時やる気が起きなかった」とかいちいち言われると練習の態度とかもかんがみてムカつくんで前向きのまま移籍先のチームでがんばってもらいたいと思う。

柏戦以外でね。


残留争いに集中している中で選手たちのモチベーションも心配ではあるが、実際彼らの立場で考えてみれば出ていく人がどう考えようが試合に出ているメンバーは自分がそのポジションを死守するのに必死でありあんまり関係ないような気がする。

05年にたくさんいなくなったと言われているけれど、よく見れば本当の主力はタマとMJくらいでありあとは私的にはふーんて感じ。今思えばね。
その時はみんな残ってほしいと素直に思ったけどそれから4年、いろいろその時出て行った選手たちの様子を見ていると感覚も変わってくる。
許すとか憎いとかそんなんじゃなくて愛着が薄れれば空気みたいなものになっていくんだなと。
私の中ではそれぞれ出て行った選手たちに対する愛憎度(笑)にはランキングがあるけれどここで発表するほどのものでもないので書きませんが、もはや柏の選手ではないので別にいいかなと。

西野監督の時も石崎監督の時もすべてが丸く収まっていたわけではないしね。
選手の中には不満がある人もいたのは事実だし、不遇な扱いを受けた選手がいたのも周知のとおり。みんなが幸せだったわけではないんですよね。


不遇(この言葉がすべてに適切ではありませんが)な扱いをされたと言えば、気になるのは現在レンタル中の選手たちの処遇がこの冬にどうなるのかなと言うこと。

誰が欲しいとか誰がいらないとかそう言うのを言える立場ではないけれど、確実に他チームの主力として活躍している選手は戻してもらいたいとだけは言えると思う。常識的に考えればね。
今年のフロントの失態は「甘さと慢心」だったのは間違いないのだから。
間違いを認める勇気ってどちらかというと後ろ向きなものだから前を向くだけじゃ持つことができないもの。フロントは未来を見るだけじゃなくて過去も振り返らなくてはならない仕事だと思います。



柏が魅力的なチームになるために。

一番の道はまず勝つ、勝てるチームであること。
そのためにはプロフェッショナルであるということ。
当たり前の言葉だけど原点はそこだと思います。



感情的にも肉体的にも乗り越えなければならないことは多いです。
乗り越えられても乗り越えられなくても戦いは終わることはありません。
プロフェッショナルと言うものは自らスパイクを脱いでやめるまで戦い続ける人のことだと思います。





まとまりませんがこの辺で。。。

| 柏レイソル | | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://katsu.blog2.fc2.com/tb.php/1009-aa626802

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。